header

【税理士決定】個人事業主は顧問契約必須かと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんばんは^^

福岡夫婦せどらーのピラです。



今日は先日顧問契約を結ばせて頂いた税理士さんとの

今年度分確定申告書類の提出に事務所にお邪魔しました。



話の内容は色々とあるのですが、

今日はとにかく、私が震えた面談の内容を少しお伝えしたいと思います。



というのも、

私が顧問契約を結ばせて頂いた税理士さんは、

元税務署職員。



そして、夫婦で税理士先生というなかなか凄腕の方々です。



特に旦那さん先生の方は、税務署から国税局へと栄転、

そこである部門のトップまで上り詰めた経験のある、

税務署員が震え上がるほどの超大物先生です。



関係図を簡単に説明すると・・・

1)私たちが税理士先生に頼んで申告書を作成

2)申告書を税務署へ提出、税務署員の方が受け取り

3)その内容を国税局の方々がチェックする

というような形だそうです。



最初面談させて頂いた時は、

昨年私が作成した申告書(決算書など)を見て頂いたのですが、

ものの数秒で指摘されまくりました。。。汗



そりゃそうですよね 汗



素人が見よう見まねで作った決算書なんて、そんなものです。



穴だらけ・・・ですね。汗


しかしながら、「ピラさん、大丈夫ですよ^^傷は浅いです」

と、最後はこんな風に慰められました。笑



もう契約済ませてしまえば税理士さんは私たちの味方です。

突然国税局の方が「たのもーーーー!!」と来ても、

私たちの代わりに代弁、内容の説明をしてくれるのが税理士さんです。



「ピラさん、そんな時は黙っててもらって大丈夫です^^

私たちが全部対応いたしますので。」



という風に、こんな頼もしいお言葉を頂戴いたしました。



いや、安心感が違うんですよ。安心感が。



それにめんどくさいと言っては失礼かもしれませんが、

帳簿なんかも全部丸投げ、

1から10まで全部やってもらうようにお願い致しました。



そこまでしてもらって・・・

なんと顧問契約料は!!!!!



と、知りたい方は個別にご連絡いただければお教えします。笑



とにかく、破格でした。。。

こっちから「もっと取ってもらって結構です!安すぎます!」と

お伝えしたほどです。



ちょっと話はそれましたが、

私が伝えたいのは税理士先生自慢ではございません。



みなさんにお伝えしたいのは、危機感です。



なんの危機感かというと、

そのまさか、ガサ入れについてです。



確定申告をサボりまくっていた人に、

数年後に税務署員の方が突然ガサ入れに来て、

数年分の納税金額、色をつけまくって取り立てていった、

そんな話を聞いたことがないでしょうか?



これ、特に大企業に限って行なっているわけではないそうです。



税務署には大きく分けて、二部門あり、

1)法人部門

2)個人事業主部門 に分けられます。



それぞれの部門の署員さんがある一定の売上をあげている店舗をリストアップ、

そして数年間(おおよそ7年ほどらしい)泳がせたのち、

リスト順にチェックに行くようです。



泳がせているという風に書きましたが、

特段怪しいところだけを狙っていっているわけではありません。



狙われやすいのは、

1)ある一定の売上基準を満たしている店舗と、

2)これから法人成り(個人事業主から法人へ)しようとしている店舗です。



1)については、おおよそ年商5千万ほど。



2)については、税務署の部門が二部門あるとお伝えしましたよね。

法人になると、税務署内の取り扱い部署が変わるため、

個人事業主の時に目をつけていた店舗が管轄が変わることにより、

行けなくなってしまう可能性があるからです。



なんか、心当たりありませんか?

この流れ。



そう、せどらーでも専業でされている方であるなら、

全然範疇に入るレベルの話ってわけです。



それでもやはり、個人で申告されますか??



私は震え上がってもう自分ではやりません。。。



やりたいことは他にもありますし、

来年からはいよいよ銀行さんとの付き合いも始まります。



融資を受けるには決算書などの他に、

税理士さんのお墨付きが必要となる場合があります。



ここで強力なパートナー契約を結ぶことにより、

いよいよ来年は新たなステップに移行していきたいと思います。



考えてみてください。



青色申告ならば、

65万円控除が可能なのです。



65万といえば、

年間の税理士顧問契約料と確定申告書作成料を引いても

お釣りがくる価格です。



控除された金額で

税理士先生を仲間に付けることができたと考えれば、

まったく惜しくもなんともありません。



それ以上に有益な情報を頂けますし、

マイナスなことなど一つもありません。



紹介された小規模企業共済にも加入を決めました。



なんとなく、知識程度に知ってはいましたが、

やはりプロに紹介されると即決せずにはいられませんでした^^



これも私にはメリットしかありません。



こんな感じでこれからさらに前進できそうです^^



数字をあげることも大切ですが、

本当にあなたの土台は安定してますか?



もう直ぐ年末・期末を迎えます。



そうなると税理士先生も相手にしてくれなくなりますので、

もし検討されている方は、

ぜひ今のこの時期に税理士さんを探されてはいかがでしょうか?



ちなみに私は、

今回3件の税理士先生にアポを取り、

2件目の今の先生に出会って即決しました。



誰でも良いのではなく、

自分にあった税理士先生をしっかりと探してみてください。



妥協してはいけませんよ^^



それでは今日はこの辺で。









にも加入を決めました。



なんとなく、知識程度に知ってはいましたが、

やはりプロに紹介されると即決せずにはいられませんでした^^



これも私にはメリットしかありません。









takachihi