header

【せどりの基本】モノレートの見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

みなさん、こんばんは^^
熊本の投資家夫婦せどらー、
ピラです。

 

ここ2日間、

母校である細島小学校の創立130周年記念イベントに参加するため、

宮崎に帰省していました。

 

 

今回はただの帰省ではなく、

なんと私が30年前に埋めた、

”タイムカプセル”を掘り起こすメインイベントのための帰省です。

 

 

30年前、私が小学校1年生の時に埋めたタイムカプセル、

掘り起こされた私の絵日記を読んでみました。

 

 

その日記には、

私の両親が営む会社で一緒に働くんだという思いが書かれていました。

 

 

今はその夢は当然ながらに実現してはいません。

 

 

いつの頃からそう思っていて、

いつの頃からその思いが変わっていったのか・・・。

 

 

そんなこと、覚えているはずありませんが、

あの頃の自分が純粋に親との生活を望んでいたのだなと思うと、

感慨深いものがあります。

 

 

今はまた新たな志を胸に、

あの頃の思いに負けないよう、邁進せねばなと改めて思いましたよ^^

 

 

タイトスケジュールで疲労感はありますが、

とても充実した1日でした。

 

 

それでは本題です。

 

 

 

【モノレートの見方を正確に身につける】

 

「仕入れそ、ビジネスの全て」と言われるほど、

商品仕入れの選定は大切です。

 

 

せどりの仕入れで絶対に外せないツール、

それが ”モノレート(旧称アマショウ)” です。

 

 

それでは、

実際に私が行なっているモノレートの活用方法について、

実際に商品を見ながら解説していきます。

 

 

店舗せどりでも電脳せどりでも、

あなたは商品をリサーチしますよね。

 

 

今回はイオンに店舗せどりに出かけた例で紹介します。

 

 

 

1)怪しいと思ったらモノレートをチェックする

 

あなたは得意の文房具コーナーに足を運びます。

 

 

棚を隅からチェックしていると、

こんな商品が目に入りました。

 

 

「お?何かわからないけど、安くなってるな。よし、リサーチだ!!」

 

スマホでせどりすとを起動し、

商品を読み込んでみます。

 

 

するとこんな表示になりました。

 

 

「おぉおおおお!?これ、ありなんじゃないの!?」

 

 

そしてここからがモノレートの出番です。

 

 

実際にモノレートを見てみましょう。

 

 

商品リストをタップすると、

こういう風に詳細が出てきますね^^

 

 

ここで注意点がひとつ。

 

 

よく言われる、ランキングについてです。

 

 

初心者の方によく言われるのが、

「ランキングはどのくらい以内のモノを仕入れたら良いのか?」

といった質問です。

 

 

答えは、

わかんない、です^^

 

 

え?でしょ^^

 

 

そうなんです。

私はランキングをほとんどあてにしていません。

 

 

ですので、

このようにランキングが20万位とかいう、

途方もないランキングでも、利益が出そうなら全て深掘りします。

 

 

ランキングをあてにしない理由は多々あるのでここでは割愛します。

(※ その理由を知りたい方は個別にメッセージいただければお答えします)

 

 

とにかく、

私がリサーチしていて深掘りするのは、

利益がでるかどうか。

 

 

つまり、

せどりすとの「粗利」の数字が目の前にある値札より、

 

■ 高い場合

■ 同じくらいの場合

■ 少しくらい低い場合

 

この3パターンに当てはまる場合、モノレートを開きます。

 

 

 

2)モノレートはランキングではなく、波形を見よ

 

さて、モノレートを開くとこんな感じですね。

 

 

開いてまず注目するのがランキングです。

ここで期間は3ヶ月表示に設定しておいてくださいね。

 

 

ここに表示されている、

波形の数 = 売れた回数 というわけです。

 

 

ということは、

数えてみると10回の波形ができていますよね^^

 

 

ここ3ヶ月で少なくとも10個売れているということです。

 

 

つまり、1ヶ月に3個は売れるという計算ができますね^^

 

 

そして次に、出品者(ライバル)をみます。

すると、こんな感じですね。

 

 

ライバルは合計3人。

いることはいますが、全て自己出品者ですね^^

 

 

FBA出品する私達からすると、

これはチャンスです。

 

 

ご存知のように、

FBA出品者 > 自己出品者 であり、

FBA出品者から売れる可能性が非常に高く、

そして値段も500円以上高くても売れる可能性は大です。

 

 

つまり、

ランキングは確かに良いわけではありませんが、

ライバルも3人と少ない、

その3人が全員自己出品者、

1ヶ月に3個は売れている、

利益も3000円近く出そう、

この点を勘案して仕入れすることを決定します。

 

 

しかし、

浮かれてこの時点で仕入れを実行するのも良いのですが、

私はこんな場合でも過去の相場をチェックします。

 

 

その理由は、

■ 相場が暴落する可能性はあるか

 

過去の相場をみることで、

ライバルが急増した場合、どこまで価格が下がるのかをチェックします。

 

 

過去、出品者がマックスになった時期はこの商品ですと10名ですね。

その時の相場が4000円まで下がっています。

 

 

もし、

イオン全店でこの商品が値下げされて出品者が急増したら・・・。

 

 

おそらく、

マックスの下限は4000円が予想されますね。

 

 

仮に4000円で販売した場合、

最終的に手元に残る利益は3260円です。

 

 

この商品の仕入単価が3164円ですので、

「損はしない」ということになります。

 

 

ここまで下がって利益が出るのですから、

仕入対象として、この商品は・・・

「大有り」ということになります。

 

 

 

■ 販売価格はいくらに設定するのか

 

モノレートは何も仕入判断だけをみるものではありません。

 

 

モノレートをしっかり読むことにより、

価格設定もモノレートを参考に考えます。

 

 

それでは見てみましょう。

 

 

ライバルは自己出品者ばっかりですので、

ここはまず、強気の値段を設定しましょう。

 

 

FBAライバルがいる場合は、

そのライバルの価格に同額で設定するのが鉄則ですが、

このようにFBAライバル不在の場合は、

過去売れた最高額で設定スタートで大丈夫です。

 

 

表示期間を全体にし、過去最高値を調べます。

 

 

すると過去にカートボックスを取った最高額は、

7722円であることがわかりますね。

 

 

しかも波形を確認しても、

しっかり売れている形跡が確認できます。

 

 

大丈夫です。

 

 

売れなかったら下げれば良いだけの話です。

 

 

こういった数が少ない商品は、

利益をどれだけ最大化させるかがキーになります。

 

 

最初から飛ぶように売れる価格を設定する必要はありません。

 

 

商品自体も小さいので、

万が一3ヶ月在庫にしたとしても、保管料は知れています。

 

 

それよりも、

3千円そこらで仕入れた商品を、

いかにして7000円台で売れるかということをモノレートを使って判断しましょう。

 

 

ここまでしっかりモノレートを読み解くことができれば、

安心して仕入れることができますね^^

 

 

このモノレートをしっかり理解することができれば、

このせどりというビジネスがいかにリスクが少なくて済むのかがわかります。

 

 

せどりを始めた当初、

一番の壁が「仕入れる勇気があるか」ということは私が常々お伝えしてきた通りです。

 

 

仕入れた以上、

売らなければならないという責任。

 

 

もしかしたら、

間違った商品を仕入れようとしているのではないかという不安。

 

 

売れたことのイメージよりも、

売れなかった時のことを考えるパターンがほとんどです。

 

 

私もそうでしたし、

私がコンサルしたほとんどの方がこのマインドでした。

 

 

慣れればなんてことはないモノレートの見方、

慣れるためには数をこなすことです。

 

 

それが結論ではあるのですが、

なんどもいうように、

以下の順序でモノレートを分析すればほぼほぼ損をすることはありません。

 

 

もしよろしければ参考まで^^

 

 

 

3)モノレートの見方手順

 

・商品リサーチする

 

・せどりすとに表示された粗利をチェックする

 

・表示された粗利が、

粗利 > 仕入単価

粗利 = 仕入単価

粗利 < 仕入単価(数値がほぼほぼ同じ場合)

以上3パターンであればモノレートを開く

 

・期間を3ヶ月に設定し、ランキングの波形を確認する

 

・ライバルの人数、出品形態、所持数を確認する

 

・自分がFBA出品した場合、最低でも3ヶ月以内に売れるかどうか予想する

 

・期間をすべてに設定し、過去の相場をチェックする

 

・暴落した時の相場をチェックする

 

・過去の販売価格をチェックする

 

・ここまで調べて不安がないのならば、仕入れてみる

 

・不安が残るようなら、仕入れない

 

手数が多いように見えますが、

慣れれば数秒で仕入れ確定です。

 

 

しかしながら、

最初は丁寧に見ていき、読み解いてください。

 

 

スピードは最初は求めていません。

 

 

求めているのは、

理解 = スキルアップと知識です。

 

 

焦らないでください。

 

 

きちんとやれば、

必ず利益を産む商材に出会えます^^

 

 

それでは今日はこの辺で^^

 

 

以上、
投資家夫婦せどらーの「せどり・投資通信」を
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

みなさまにとって、
このブログが少しでも成功への
足がかりになれば幸いです。

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
全国どこでもせどれる!メルマガ特典のご案内
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

無料のメルマガ登録でもれなくプレゼント
解除もアドレス入力で簡単解除なので安全・安心

 

『仕入れたお店、仕入れた商品、その全てが今ここに』

 

というのも、
私の所属するチームのメンバーで作り上げたモノですので、

・掲載店舗 50店舗以上

・掲載商品数 400点以上

・せどりに役立つノウハウ満載の355ページ

といったボリューミーでパーフェクトなプレゼントになっています。

 

→→ メルマガ登録はこちらから ←←

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
投資家夫婦せどらーピラへの質問はこちら
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

なんでもお気軽にご相談くださいね!
私ピラ宛て、嫁宛てどちらでも構いません。

必ず目を通し、可能な限り返信致しますよ^^

 

→ 夫婦せどらーへの質問はこちら ←

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
ブログランキングにエントリーしました
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

今回のブログが面白い!参考になった!と思ったら、
応援クリックお願いします。

目指すはブログランキング1位!
みなさんのご協力をお願いします^^


せどり ブログランキングへ

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

◆本ブログ
仲良し夫婦のせどり・投資通信
http://sedori-investor.com/

◆プロフィール
http://sedori-investor.com/profile/

◆メールマガジン登録
http://sedori-investor.com/melmaga/

◆問い合わせ先
info@sedori-investor.com

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

takachihi