header

【モノレートの読み方】今を見るのではなく、過去を見ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

みなさん、こんばんは^^
熊本の投資家夫婦せどらー、
ピラです。

 

今日から嫁ちゃんが退院し、

家族が本当の意味で4人暮らし(うちの母親も応援駆けつけ中)のスタートです。

 

 

これがまた大変!です。

 

 

慣れない環境ですから、

それまでが大変なのは頭で理解していましたが、

実際なってみると、「まぁ大変!」。

 

 

長女は暴れる、次女は泣く、これの無限ループです。

 

 

というわけで、

記事の更新がここしばらく遅れてしまっております。

 

 

楽しみにされている方には大変申し訳ございませんが、

今しばらくご了承くださいませ^^

 

 

それでは今日の本題です。

 

 

 

【読者さんからの問い合わせ】

 

1)モノレートの読み方が知りたい

 

最近問い合わせが多いのが、

モノレートの読み方についてです。

 

 

アマゾンの規制緩和により、

最近新規出品者が増えているのでしょうか、

この手の問い合わせが多く感じます。

 

 

アマゾンせどりにおいて、

成功するかしないかの判断は、

全てモノレートの読み方といっても過言ではありません。

 

 

スラムダンク風にいうと、

「モノレートを制するものは、アマゾンせどりを制す」

といった感じです。

 

 

それでは早速、

改めてモノレートの読み方の基本を説明したいと思います。

 

 

 

2)モノレートで知るべきは、過去にいくらで売れたのかという事

 

ここがいきなり重要です。

 

 

ですので丁寧に説明していきます。

 

 

まず店舗せどりをしていて、

ピッ!ピッ!ピッ!とバーコードを読み込みます。

 

 

そうすると、

せどりすと、もしくはせどろいどに・・・

 

■ ランキング

■ 現在の最安売価(FBA)

■ 粗利

 

この3つが表示されますよね。

 

 

粗利額をみて、

商品に付いている値札より粗利額が高ければ、

仕入れ対象の可能性大ですね。

 

 

この時に初めて、

モノレートで過去の実績を調べる作業に入ります。

 

 

ここでもっとも注意しないといけないのが、

仕入れ判断を下す決め手になる「時期」についてです。

 

 

 

3)今、利益が出るから仕入れるのではない

 

簡単にいうと、

ランキングも良い、

利益も出る、

回転している、

実際に今の値段で売れている、

だから「買い!」・・・ではないのです。

 

 

もちろん、

「買い!」で成功するパターンももちろんあります。

 

 

しかし、上記のチェック項目だけでは、

のちに痛い目に会う可能性が高いです。

 

 

ここまで好条件が揃った上で、

さらに調べないといけない判断材料、

それは・・・

 

 

 

4)過去の相場を必ずチェックする事

 

これが仕入れる直前のチェック必須項目です。

 

 

モノレートを使い、

今の相場ではなく、過去の相場を必ずチェックしてみてください。

 

 

具体的に何をチェックするかというと、

3ヶ月期間の中で、

 

■ 現在の仕入単価で販売した場合、赤字になる売価の履歴があるかどうか

 

この1点です。

 

 

例えば、

目の前に1500円の処分品として売られているボールペンがあるとします。

 

 

現在、

その商品はプレミアム化しており、

定価1980円のところ、2980円まで価格が上昇しています。

 

 

ランキングも300位と、

とても回転が良いので仕入れようとしました・・・。

 

 

通常でしたら、

ここで仕入れても問題ありませんよね。

 

 

しかし、

ここで最終仕入判断をする時に行うチェック項目が、

 

■ 過去の最低販売価格 です。

 

実際に、3ヶ月期間でモノレートの販売売価実績を確認してみると、

2週間前までは1700円(FBA出品者)で販売されていました。

 

 

この商品が確実に廃盤商品である確証があり、

ほぼ確実に在庫復活の可能性がないのであれば、

仕入れても大丈夫でしょう。

 

 

しかし、

在庫がなくなっては復活し、

その度相場が下がるような状況になっているのであれば、

必ず注意しなければなりません。

 

 

この一時的に相場が下がるという現象は、

主にアマゾン本体の在庫復活が起こった時に発生します。

 

 

「今、利益が出るから仕入れよう」では、

このアマゾン在庫復活した時の影響で赤字転落する可能性が大です。

 

 

せどりは投資、

投資の肝は「損しない事」です。

 

 

損をしない限り、

投資資金は増えていきます。

 

 

小さな損も積み重ねれば、

それは最後にはその投資のステージから退場を命じられる場合があります。

 

 

ですので、

注意に注意を重ね、最初のうちはいくら時間がかかってもいいですから、

仕入判断の根拠をしっかりと自分に定義した上で、

100%納得した商品のみを仕入れるようにしてください。

 

 

「利益が出るだろう」、

こんな曖昧な仕入れ判断を重ねていたら、

100%利益なんて出せるはずはありません。

 

 

「これなら確実に利益が出る」と確信が持てる商品のみ、

自分のカゴに入れるように判断力を磨いてください。

 

 

もう一度言います。

 

 

モノレートでチェックするのは、

過去の相場です。

 

 

過去の相場を確認し、

これまでの最安値でたとえ販売することになっても利益が出る、

もしくは最悪トントンで終わる商品であるならば、

たとえ薄利であっても経験を積むために仕入れても大丈夫です。

 

 

逆に、

過去の相場で最低価格で販売し、

赤字が出るような商品は絶対に最初のうちは仕入れてはいけません。

 

 

せっかく見つけた商品を手放すのは非常に残念でしょう。

 

 

もしかしたら、利益出るんじゃないの?

こう思いたくもなるかもしれませんが、

ここは厳しく、自分の仕入れ判断をしっかりもって精査してみてください。

 

 

これこそまさに、

将来利益率30%を目指す上で大事な修行です。

 

 

なんでも最初が肝心、

安売王なんて座右の銘がつかないよう、仕入判断は厳しく行なってください^^

 

 

それでは今日はテキストばかりになってしまいましたが、

もしよろしければ参考にしてみてください。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

以上、
投資家夫婦せどらーの「せどり・投資通信」を
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

みなさまにとって、
このブログが少しでも成功への
足がかりになれば幸いです。

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
全国どこでもせどれる!メルマガ特典のご案内
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

無料のメルマガ登録でもれなくプレゼント
解除もアドレス入力で簡単解除なので安全・安心

 

『仕入れたお店、仕入れた商品、その全てが今ここに』

 

というのも、
私の所属するチームのメンバーで作り上げたモノですので、

・掲載店舗 50店舗以上

・掲載商品数 400点以上

・せどりに役立つノウハウ満載の355ページ

といったボリューミーでパーフェクトなプレゼントになっています。

 

→→ メルマガ登録はこちらから ←←

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
投資家夫婦せどらーピラへの質問はこちら
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

なんでもお気軽にご相談くださいね!
私ピラ宛て、嫁宛てどちらでも構いません。

必ず目を通し、可能な限り返信致しますよ^^

 

→ 夫婦せどらーへの質問はこちら ←

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
ブログランキングにエントリーしました
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

今回のブログが面白い!参考になった!と思ったら、
応援クリックお願いします。

目指すはブログランキング1位!
みなさんのご協力をお願いします^^


せどり ブログランキングへ

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

◆本ブログ
仲良し夫婦のせどり・投資通信
http://sedori-investor.com/

◆プロフィール
http://sedori-investor.com/profile/

◆メールマガジン登録
http://sedori-investor.com/melmaga/

◆問い合わせ先
info@sedori-investor.com

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

takachihi