header

【中古せどり】新品相場基準での仕入判断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんばんは^^ 福岡夫婦せどらーのピラです。

今日は頂いた情報を元に回収せどりしてきました!なるほど、違う視点というものは新鮮であり、非常に勉強になることが身に染みて感じました。

そして改めて、私の提唱する”Givers gain.”という考え方は間違っていなかったんだなとしみじみ感じた次第です。

情報を寄せて頂き、本当にありがとうございました^^

さて、それでは今日の本題です。

中古商品も視点が定まればしっかり売れる

まずはこちらの商品をご覧ください。

◆ オムロン 体重体組成計カラダスキャン HBF-251-W(ホワイト) コンディション 展示品・ほぼ新品 仕入単価 3982円 売価 7800円 

こちらの商品、これまで前例のない売価で売ることに成功しました。基本的に中古は過去の販売相場で価格を想定するのですが、今回はちょっと違いました。

私が判断基準においたのは新品の相場です。

「なぜ中古商品なのに新品相場?」と思われた方、まさにその通りです。

さきほどお伝えした通り、中古商品は過去の中古品の相場をみて判断するのがセオリーです。

だが、基準においたのは新品コンディションという理由は、この商品が異常なプレ値商品だからです。

よくご覧ください。

新品相場は過去に6000~8000円の相場で動いていました。

しかしながら、廃盤商品となり、売価が12800円というほぼ2倍くらいの相場になったとしても、しっかり売れていますね。

ということは、「今までが安かった」ということになります。本当の基準値がこのプレ値価格であり、過去の安い相場ではないということになります。

ということは、12800円の最大3割引8900円くらいなら売れるのでは?という仮定できます。

そこで私は勝負しました。最初は8980円でスタートしたのですが、ビビって7980円に下げ。汗

そこでしっかり利確できた・・・というわけです。

過去の相場ももちろん重要ですが、こうした見方で中古仕入れるのもありだなと、自信になった思い出の商品となりました。

しかし、本当に展示品は魅力ですね。ライバルセラーが新品に比べると格段に手を出さないジャンルなだけに、本当に美味しい思いをさせていただいています。

まだまだ中古、増やしていきます!

それでは今日はこの辺で^^

takachihi