header

【レツさん情報】自動赤字売りはこうして止めろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんばんは^^

福岡夫婦せどらーのピラです。



実は先日、見事に刈り取られました。汗



<刈り取り>とは、

Amazon内に出品している商品を安値のタイミングで購入し、

Amazon内で再び高単価で販売する という手法です。



私はプライスター で自動価格変更を設定しているのですが、

通常、何も赤字ストッパーを設定しない状態ですと、

ライバルが価格を下げ続けるとします。



そうすると、仕入単価まで自動で下がり続けることになります。



仕入単価で販売するということは、

経費分は全て赤字!というわけです。



今まで確かに多少の赤字売りすることはあったのですが、

まさかここまで被害を受けるとは思いもしませんでした。



その被害総額、1万円!




もう勘弁してくれよ!状態です。

まぁ、私が対策していなかったのが悪かったんですが・・・汗



この怒りと、悲しさと、自分への情けなさを痛感し、

ツイッターに悲鳴を叫んだところ、

静岡の剛腕せどらー、レツさんが救いのメッセージを送ってくれました!涙



その対策方法とは・・・

環境条件として、せどりすとプレミアムを契約しておく必要があります。



せどりすと、そしてプライスター を同期させておくことで、

今回の対応が可能です。



設定はせどりすとプレミアム上で行います。



1)せどりすとプレミアムを起動

2)アプリケーション設定を選択

3)価格改定サービス設定を選択

4)プライスター を選択

5)価格改定設定欄の赤字ストッパー計算方法を出品価格に設定

6)赤字ストッパーを設定金額の何パーセントに据え置くのかを設定

※ 1割下げで止めるのなら、「90」を入力



今後、新規出品をせどりすとプレミアム → プライスター 経由で行う場合、

上記の設定が自動的に設定されます。



いやぁ、本当にレツさん様様です。涙



今後はこれで赤字売りがなくなることでしょう!

本当にめちゃくちゃ有益な情報を供給していただき、

まさかわざわざ個別にメッセージを送っていただき、

本当に救われました^^



みなさまも連れ下げ赤字売りには十分にご注意ください!



それでは今日はこの辺で。

takachihi