header

【トラブル】出品している商品に製造メーカーからクレーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

仲良し夫婦せどらーの「せどり・投資通信」

5日の稼動で20万円以上を稼ぎだすせどり師「ピラ」が、
あなたの「稼ぎ」に直結するせどりと投資の「旬な情報」を大公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

こんばんは^^

熊本で夫婦せどりしてます、ピラです。

 

昨日は不覚にもダウンです。

原因は「3D」です。

 

そう、映画を観に行ったんです。

”キングコング”ですね^^

 

公開前から観たいな〜観たいな〜と思ってました。

うちの凄腕電脳せどらー”嫁”にもそのことは伝えてました。

 

いざ行こうかな〜と思っても、

娘が気になるし、(休みの日は遊び尽くしたいものなのです)

情報発信もしたいし、

本も読みたいし、

出品作業もしないといけないし、

部屋も片付けたいなと思うし、

こんな調子で他のことを優先しているうちにこんな時期になってしましました。

 

つい先日、嫁のご両親から連絡が来ました。

「キングコング観たよ〜!面白いから観に行っておいで!!」

 

実は数年前、私たちは嫁の両親とアメリカ版ゴジラを観に行ったんです。

そこで私の映画の嗜好がご両親にわかってしまい、

私が観たそうだな〜という映画はせっせとチェックして連絡くれるようになりました。

 

本当にありがたいことです^^

 

そんなご両親が昨日は弾丸ツアーで熊本までやってきました。

昼過ぎにこちらについて、娘を交えて談笑。

本当に楽しい時間でした^^

 

やはり、親元を離れて思うのですが、

親のありがたみは身にしみます。

 

それは自分の両親だけに限らず、

嫁のご両親も一緒です。

 

お陰様でとても良い関係が作れており、

嫁さんの実家に帰っても私は臆することなくくつろいでいます。
(端から見たらくつろぎ過ぎかと思うくらいです)

 

義理の父さんとも二人で釣りに行ったり、

義理の母さんと二人で買い物に行ったりします。

 

よく周りの友人からは、

「楽しい?」と訊かれることもありますが、

至って楽しく、満喫しています。

 

少し話は逸れてしまいましたね。

ご両親が来て、話題に上がったのがキングコングです。

 

間近で勧められ、

嫁さんも行っていいよと改めて言ってくれたのでレイトショーに出かけました。

 

しかし、なんと上映されているのはレイトショーでは3Dのみ・・・。

嫌な予感がしていました。

 

そう、私は酔うんです。船とか、乗り物とか・・・。

 

結果はご察しの通り、開始5分で酔い始めました。

幾分耐えれたのですが、それでも限界は1時間のみ。

脂汗を掻きながら私は一人映画館を後にしました。

 

そこからは体調が絶不調です。

画面なんて見る気にもなれません。

 

メルマガを楽しみにしてくれている方には申し訳ありませんが、

昨日は静養させて頂きました。

 

やはり、映画は2Dに限ります。

それがわかっただけでも今回の映画は収穫でした。

 

次回、2Dをまた観に行きます。

 

それでは今日の本題です。

私がコンサルした方が出品している商品に

著作権絡みの事例があったので紹介です。

 

 

【出品している商品に製造メーカーからのクレーム】

 

1)出品を取り下げろ

 

ずばり、この要請です。

理由はAmazon上で使用している「商品画像」が著作権侵害にあたるとのこと。

 

出品してすぐにその方のもとへ”製造元(らしい)”と名乗る方から電話があります。

 

「あなたの出品している商品は著作権侵害にあたります。

速やかに出品を停止してください。

停止しない場合は著作権侵害として訴えます」というもの。

 

最近、Amazonから出品者に対し、

知的財産権の侵害を理由にアカウント停止なんていう事例が報告されています。
※ 気になる方はググってください。

 

今回、製造元からの問い合わせはレアなケースです。

 

しかし、事例がなくもありません。

みなさんも数多くの商品を今後出品していると、

こういった事例に遭遇するかも知れませんよね?

 

是非、今回の事例を参考にしてせどりを楽しんでください。

それでは、電話が来てからの続きです。

 

 

2)問い合わせに対しての対応

 

まず、電話を切ったのち、Amazonに確認しました。

「これは著作権侵害にあたり、アカウント停止に該当するのか、

そもそも、この商品は販売してはいけないものなのか?」

 

Amazonからの答えはこうです。

「まず、アカウント停止の対象商品ではありません。

万が一、出品している商品がアカウント停止対象になれば、

事前に出品者様に連絡します。

そしてこちらの商品ですが、

著作権侵害には当たらないので販売することは可能です。」

 

ここまでAmazonに確認できたのでですから、

大船に乗った気持ちで商売できますね。

 

この返事を受けて、

その方は出品を継続する判断をしました。

めでたし、めでたし。

 

 

3)警告文を送付します

 

と再び電話をかけてきた製造元(らしい)からです。

 

「あなたのやっていることは明らかに著作権侵害です。

今後は弁護士と相談し、訴えさせて頂きます。

その前に、警告文を送付させて頂きますので確認を!」

 

一方的な言い分を伝えられ、その方は困惑したそうです。

 

Amazon側からは販売の許可をもらえたはずなのに、

製造メーカーからは著作権侵害というクレーム、

こんな時はどうすればいいのでしょうか?

 

まずことの発端ですが、

Amazonは製造メーカーのこういった問い合わせには、

「販売者(私たち)に確認します」と伝えて音信不通になるそうです。

 

訴えたメーカー側は、Amazonの対応ではどうしようもないと踏み、

実際に出品しているセラーの元へ連絡するケースが増えているそうです。

 

なぜ、そんなことをするのか。

そう、Amazonでの売価が異常に安いからです。

 

つまり、売上減、利益減の影響を受けているからです。

 

話はわからなくもありませんが、

私たち出品者からすれば大きな問題ですよね。

こんな場合は今後どうするべきなのでしょうか?

 

 

4)リスクのある商品は取り扱わないに限る

 

やはりこれに尽きると思います。

 

今回、対象となった商品は高額商品です。

出品した方はどうしてもAmazonで売り切って

今後は販売しないケースに持ち込みたいようですが、

私は賛同しませんでした。

 

やはりここは製造メーカーの言い分を聞き入れ、

ヤフオク、メルカリなどのフリマでの販売を検討すべきだと考えます。

 

理由は簡単、手間がかかりすぎるからです。

もし、今後話がエスカレートし、実際に訴えられたとします。

 

そこからかかる弁護士費用、時間、勝算、全てが無駄です。

 

仮に勝てたとしても、ここまでやって得た利益など分相応とは思えません。

 

それならば、「いい勉強になった」ときっぱり諦め、

次に進むのが得策だと考えます。

 

Amazonで取り扱える商品はほぼ無限にあります。

一つの商品に固執して機会損失、はたまたアカウント停止なんかになれば、

それこそ元も子もありません。

 

安心して取り扱える商品を確認して商売していきましょう。

 

それでは今日はこの辺で。

この話の続きは進展があればまたご報告します。

 

それではまた明日^^

 

以上、
仲良し夫婦せどらーの「せどり・投資通信」を
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

みなさまにとって、
このメルマガが少しでも成功への
足がかりになれば幸いです。

 

 

◆◇夫婦せどらー ピラへの質問◆◇

なんでもお気軽にご相談くださいね^^
私ピラ宛て、嫁宛てどちらでも構いません。
必ず目を通し、可能な限り返信致しますよ^^

 

→ 夫婦せどらーへの質問はこちら ←

 

 

◆◇メルマガ登録特典2のご案内◆◇

「本当に、全国どこでもせどれます」

というのも、
私の所属するチームのメンバーで作り上げたモノですので、

・掲載店舗 50店舗以上

・掲載商品数 400点以上

・せどりに役立つノウハウ満載の355ページ

といったパーフェクトなプレゼントになっています。

□無料のメルマガ登録でもれなくプレゼント
□解除もアドレス入力で簡単解除なので安全・安心

 

→ メルマガ登録はこちらから^^ ←

 

 

◆◇クラスター長谷川せどりチーム募集のご案内◆◇

せどり業界でトップクラスの実績を誇るせどりチームが
今夏募集を予定しています。

興味のある方は仮登録だけでもどうぞ。

 

→→ 仮登録はこちらから ←←

※ こちらはあくまで仮登録です。

本登録のご案内をお送りするためのものですので

ご注意ください。
仮登録をしたとしても、
こちらからの勧誘メールは一切送りません。
どうぞご安心ください。

 

 

◆◇ブログランキングにエントリーしました◆◇

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓


せどり ブログランキングへ

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆本ブログ
仲良し夫婦のせどり・投資通信
http://sedori-investor.com/

◆プロフィール
http://sedori-investor.com/profile/

◆メールマガジン登録
http://sedori-investor.com/melmaga/

◆問い合わせ先
info@sedori-investor.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

takachihi