header

【7つの習慣】その環境を作った要因について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

みなさん、こんばんは^^
熊本の投資家夫婦せどらー、
ピラです。

 

数年前に読んだ「7つの習慣」について、

最近子育てをしていてつくづく思ったことがあるので紹介します。

 

別に子育てだけに関することではなく、

全ての自分を取り巻く環境に通じることですのでぜひ参考にしていただければと思います。

 

ちなみに私はこの考え方を実践し、

チャレンジすることへの恐怖心が全くといいほど失くなりました。

 

常にポジティブに物事を捉えられるようになったので、

本当にこの7つの習慣という本には感謝しています。

 

 

 

【今いる環境は他の誰でもない、自分が作った】

 

1)子供のしつけについて

 

本では子供のしつけについて、

芝刈りを自分の子供にさせるというシーンが紹介されています。

 

子供と約束をし、

芝刈りを一任させてみたのは良いのですが、

結果はやらずに終わる。

 

やらないことを咎めたところでやるはずもなく、

ほとほと困り果てるという内容です。

 

それもそのはず、

子供に芝刈りやっとけ!と言っても、

私たちが満足するような仕事をするはずがありません。

 

興味関心が何か別のものに移れば子供はそれに夢中。

普通に考えれば当然の結果です。

 

しかし「普通に考えれば」という表現は、

当人にとっては当てはまりません。

 

子供のしつけ、教育と自分の中で称し、

なんとかして子供にやらせようとします。

 

つまり、一方的な親からの強制ですよね。

 

結局このやり方でうまくいくことはなかったというのが結末なのですが、

ではどうすれば子供に仕事をやってもらえるのでしょうか。

 

 

 

2)子供の言い分をしっかり聞いた上で約束する

 

私はこの本を読んだ上で子供に接しているつもりなのですが、

やはり自分が疲れている時、イライラしているときは強制的になりがちです。

 

昨日も嫁にそのことをちくりと言われ、

自分自身まだまだ修行が足りぬと反省しているところです。

 

うちにもこういう似たようなシチュエーションがあって、

2歳の娘はご飯をしっかりと食べようとせず、

ぐずりだすことが多々あります。

 

普段は笑って許せるのですが、

やはりいつまでもぐずるようでは私も笑ってばかりはいられなくなります。

 

その点、嫁ちゃんは違います。

 

嫁の偉いな〜と思う点は、

2歳の娘がぐずるときに、その理由をきちんと聞こうと目を見て話をします。

 

2歳ながらに娘にも意見があり、

「これを先に食べたい、食べるじゃなくて遊びたい、

お父さんからではなく、お母さんからアーン!してもらいたい」など、

具体的な理由が返ってきます。

 

そしてその一つ一つの理由に対し、

嫁ちゃんは「じゃあお母さんは・・・するから、あなたは・・・してね」

こういう風に娘に提案します。

 

娘はこれで大概の場合合点がいき、

言う通りに行動してくれるから驚きです。

 

こんなシチュエーションに遭遇するたびに、

私は7つの習慣に書いてあるこのことについて思い出すものです。

 

子供のしつけは強制してはいけない。

 

一人の人間として向き合い、親が強制してまでやらせるものではない。

何かを成し遂げようとするなら、お互いの意見をぶつけ合ってからじゃないと

満足するものなんて出来上がらない。

 

子育てもビジネスも、人間関係も何もかも、

良い関係を作ろうとするなら、

やはり最初からこういった姿勢でないとうまくいきませんよね。

 

 

 

3)考えが変われば、見方が変わり、環境が変わる

 

私がこの本を読んで心がけていることがあります。

 

それは今、目の前で起こっている問題すべての発端は、

まさに今の自分にあるという考え方です。

 

給料が安い・・・会社が悪いのではありません。

そこに入りたいと願って入った自分が原因です。

 

上司に恵まれない・・・上司を変えるような動きを取れば良い。

 

異動願い、もしくは転職など方法はいくらでもあります。

 

お金がない・・・収入と支出のバランスを再確認し、

それでも足らないようなら何か別の財布を作らなければなりません。

 

ただそれだけです。

勉強し、新たな収入源を作ることに注力しましょう。

 

問題の解決方法として、

自分以外の何かのせいにするという方法があります。

 

もちろん、上司に恵まれない、会社業績がよくないから給料が安いといった

外部要因は少なからずあるでしょう。

 

しかし、それも全て結局のところ、

そこを選んだあなた自身の責任なのです。

 

上司が悪い、

会社が悪い、

そんなところを周りの人間に言いふらしたところで

誰かが気にかけて救ってくれるほど世の中甘くありませんよね^^

 

最後はやはり自分、

そして行動するしか打開策なんてないんですよね。

 

このことに気づくと本当に物事の見方が一気に変わります。

 


なんでこうなったのか、

自分がこうしたからこうなったんだ。

なら、次回からはこうしないようにしよう!

 

ここを他の何かのせいにしてしまうと、

一生解決策など見つからずに前へと進めません。

 

なぜなら、

自分の行動は自分の考え一つで変えられますが、

人の行動は自分の考え一つで変えることなど不可能だからです。

 

変えられない人の行動を理由に問題を棚上げしたところで、

一生その環境からは解放、前進できません。

 

人生一度きり、

不満タラタラの人生で終わるより、

目の前に立ちはだかる壁を破り続けて成長し続けた人生の方が

よっぽど楽しいと思いませんか?

 

Yes, we can.

オバマ前大統領、素晴らしい言葉です^^

 

 

以上、
投資家夫婦せどらーの「せどり・投資通信」を
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

みなさまにとって、
このブログが少しでも成功への
足がかりになれば幸いです。

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
全国どこでもせどれる!メルマガ特典のご案内
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

無料のメルマガ登録でもれなくプレゼント
解除もアドレス入力で簡単解除なので安全・安心

 

『仕入れたお店、仕入れた商品、その全てが今ここに』

 

というのも、
私の所属するチームのメンバーで作り上げたモノですので、

・掲載店舗 50店舗以上

・掲載商品数 400点以上

・せどりに役立つノウハウ満載の355ページ

といったボリューミーでパーフェクトなプレゼントになっています。

 

→→ メルマガ登録はこちらから ←←

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
投資家夫婦せどらーピラへの質問はこちら
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

なんでもお気軽にご相談くださいね!
私ピラ宛て、嫁宛てどちらでも構いません。

必ず目を通し、可能な限り返信致しますよ^^

 

→ 夫婦せどらーへの質問はこちら ←

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■
ブログランキングにエントリーしました
■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

 

今回のブログが面白い!参考になった!と思ったら、
応援クリックお願いします。

目指すはブログランキング1位!
みなさんのご協力をお願いします^^


せどり ブログランキングへ

 

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

◆本ブログ
仲良し夫婦のせどり・投資通信
http://sedori-investor.com/

◆プロフィール
http://sedori-investor.com/profile/

◆メールマガジン登録
http://sedori-investor.com/melmaga/

◆問い合わせ先
info@sedori-investor.com

■ーーーーーーーーーーーーーーーー■

takachihi