未分類

【せどりで独立】副業から専業へのタイミング

みなさん、こんばんは^^

福岡専業せどらーの”なかピラ(@sedori_investor)”です。



今日は副業でせどりやっていて、

ある程度実績が出るようになり、

専業(独立)化を考えている方へのアドバイス記事になります。



踏み出すことができなかった私のパターン


副業でやっていてある程度経験を積み出すと、

時間換算して本業よりも稼げている・・・という時がやってきます。



私の場合、もともと本業の給料が低すぎましたので、

せどりやっていて、

半年後には「独立した方がいいんじゃね?」って思ってました。



しかし、実際はそう思いながらなかなか独立できませんでした。

理由は以下の通りです。



・手応えは掴んでいても、継続できる自信がない



ズバリこれですね。これ以外ありません。



具体的に、私は副業時代、週2日の仕入れでした。

ということは月に8日ということになりますね。



・月に8日稼働

・出荷日は2日とったとして、10日稼働

・月商は当時100万〜120万ほど

・利益率は15〜18%ほどで、15万から20万ほど



その時考えていたのは、

「これを週4仕入れにいければ、単純に倍はいけるのでは」

ということです。



計算通りにいくことが保証されていれば

迷わず会社に辞表を出して即独立していたはずですが、

いろいろ自分に言い訳をし、

結局独立したのはせどりを始めて2年半経ったときでした。



それまでは本当に悩んでました。



本業の仕事をする限り、

最低限贅沢はできないが、暮らせるだけのお金は入ってきます。



これがどうしても私は手放すことができませんでした。



嫁ちゃんのお腹に赤ちゃんいましたし、

勢い余って独立したは良いが、

働くことのできない嫁ちゃんと娘を路頭に迷わせるには・・・

と常々思っていたからです。



「長女がもう少し大きくなり、落ち着くまで・・・」

こんな言い訳混じりの漠然とした期限を自分の中に勝手に設け、

専業に転向しない調子の良い言い訳にしていました。



転機は身近な成功事例と将来への不安


あーだこうだと自分や周りに都合の良い言い訳を続けて

数ヶ月の時間が経ちました。



実はその間にも私の周りでは変化が起き、

私よりも先に弟(私がせどりを最初教えたのですが)が独立しました。



その弟がトントン拍子に専業として成功し、

毎日楽しそうに、かつ自由に暮らしているのをみて、

私の中の疑問が少しづつ晴れていったのは事実です。



「あれ?あいつがいけるんなら俺もいけんじゃね?」



それに加えて、

会社内での私の評価です。



もともと左遷されて福岡から熊本へ異動になり、

そこでの成果はあげたものの、

もともと捨てられた事業所だったので全く評価されませんでした。



結局5年ほど勤めたのですが、

その中で一度たりとも昇進の話はなく、

私よりも後に入ってきた中途の人間が上がる中、

私だけが取り残され、もちろん給料も横ばいどころか下げ調子でした。



これだけみても私がどれほど無能なサラリーマンだったかが

よくお分りいただけるかと思います。



35歳をすぎた頃、

会社内では昇進の年齢制限に引っかかってしまし、

簡単にいうと、

私があとこの先どんなに良い成績を叩き出そうとも、

年収600万が最高という悲しい状態に陥ってしまいました。



35歳で生涯どんなに会社に貢献しようと、

年収は600万円以上上がらない・・・



いうまでもなく、

私は即座に専業への転向を決心したわけです。



志があるのなら、専業は大正解


私は常々、「せどりは最強の副業」ということをお伝えしていますね。

これは今でも変わらず、この先も今のところ変わらないと思います。



・場所を選ばない

・成果が出やすい

・隙間時間で出来る



この三条件をきっちり満たしているので、

私は本当に副業としてのせどりは最強だと考えております。



ただ、

・将来何か他にやりたいことがある

・サラリーマン人生に嫌気がさしている

・会社辞めたい

なんて思っている人は、

さっさと副業始めて違う人生を歩んだ方が絶対に懸命です。



今日のニュースでユーチューバーの世界一は、

アメリカの8歳のお坊ちゃんが稼いだ28億円という記事がありましたね。



世界一のユーチューバーは8歳です。8歳!

稼ぎは28億円、月収2億以上です。



世界にはこんな夢のような数字を叩き出す商売がありますし、

他にも自分がやったらやっただけ成果がでる商売はたくさんあります。



自分がいくらやっても会社からの評価で給料がきまる・・・

それも一生その呪縛から解き放たれない。



そして気付いた時には身動きの取れない年齢になり、

「あーしとけばよかった」なんて寝たきりになってぼやく人生、

そんな人生、死ぬ間際に楽しかったって言えますか?



別にやりたいことなくて、

今の会社の給料のそこそこ満足し、

そこそこのポジションもらって一生過ごすのも私は悪くないと思います。



私の場合は、

そこそこの給料ももらえず、

35歳にもなって会社の底辺で仕事をし、

将来やりたいことも全然叶えられそうになかったので

弟の成功に触発され、経済的危機を察知したので専業になりました。



今現在、

自分の現況に満足していないのであれば、

せどりをスタートし、

ヤマダ電機に通い、

レベルをあげて副業せどりを確立するのをオススメします。



私は何もどっかのスクール入れとか、

私にコンサル依頼しろ!っていってるわけではありません。



私はよほどのスクールでない限りオススメしませんし、

ましてや自分でコンサルしようなんかこれっぽっちも思っていません。



ただ、

こうして情報を発信しているのは、

私のように家族を持ちながら経済的危機に直面し、

どうにかしてそこを乗り切ることができないだろうかと

もがいている方に少しでも参考になればと思っているからです。



【せどりの一歩】Amazonではなく、メルカリ・ヤフオクから始めてみる

【せどり資金】最初に必要な準備資金について

【せどり入門】家電・おもちゃやるならヤマダ電機

【店舗せどりのコツ】チェーン店の値段設定を熟知する



実際に数ヶ月前、

下関の方から相談がありました。



惜しみなくノウハウや質問についてお答えしたつもりです。

その後どうなったかはわかりませんが、

とにかくいただいた質問や疑問などには個別にしっかりとお答えしています。



私は今、

ほぼほぼ自由な時間を家族と共有し、

嫁ちゃんが来年は第三子出産のため、

せどりは週1から週2、

その他は新しいネットビジネス(ユーチューブやりたい)やります。



そんな風に選択肢が増やせたのも、

せどりである程度の成果を出すことに成功したからです。



いやらしい話、

週2、3の仕入稼働ペースで、

前職の3倍以上(低くても)の収入を得ています。



・時間に縛られない

・人の都合に合わせる必要がない

・電話でお客さんにへこへこしないでいい



こんなノーストレスな環境で毎日仕事をし、

充実した日々を送っているところです。



その中から投資や貯蓄に回る資金も生まれてますし、

本当に専業になってよかったと実感しています。



ただ、人間というのは欲張りなもの。



私もせどり始めた当初は月に5万くらい稼げれば・・・

というようなイメージで副業を始めました。



5万をすぐに稼げるようになると10万、

そして20万、30万と、

やればやるだけ成果が出るビジネスにどハマりしてしまいました。



今でもそれでも全然満足せず、

10倍、100倍を目指して動いているところです。



おそらく、その数字も実現可能。



いや、実現させます。

設計図はできていますので、あとは試行錯誤しながらやるだけです。



せどりでもなんでもそうですが、

自分でなにか一つのジャンルで成果を出せるようになると、

何かコツみたいなのを掴みます。



それってどのジャンルでも応用が効いて、

私の場合ですと・・・

・せどりで一定の収入を稼げるようになった

・ブログで人を集めて収益を稼げるようになった

この2つの成功体験を得ることができました。



最初は大変ですけど、

諦めずにやればなんでも結果は出るんですよね。



これはどの人もそういっていると思います。



何か一つ、どのジャンルでもいいので

自分が一つ、成果を自分の力で出すと、

変な自信が芽生えるんですよ。



この自信の芽、本当に大事でめちゃくちゃ重要です。



ぜひ今、生活に不満があるのなら一歩踏み出し、

成功体験を得て、

自信の芽を発芽させ、

大成功へと人生の舵を切ってみてはいかがでしょうか。



私もまだまだこれから、

この言葉に信ぴょう性を持たせるよう、

私もまた頑張ります。



ともに頑張ろうといっていただける方、

いつでもお待ちしてますよ^^



個別に「なにやるんですか!?」って尋ねれこられる方もいて、

そういう方には惜しみなく私がやろうとしていることを

お話ししています。



もしきになる方がいらっしゃれば、

お気軽にDMくださいませ^^



それでは今日はこの辺で。