せどり

amazonの真贋調査をせどり初心者向けに解説【対処法と注意点】

 

amazon真贋調査について誰か詳しく教えて〜!

この前amazonからメールが来たけど、どうやって対処したらいいのかわかんないよぉ〜!

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  1. amazonの真贋調査をせどり初心者向けに解説
  2. amazonから真贋調査が来たときの対処法
  3. amazonの真贋調査に対処するときの注意点
  4. 最後に:真贋調査はクリアできる

 

この記事の信頼性

  • せどり歴は4年
  • 月粗利は100万ほど
  • 雑誌に載った経験あり

 

こんな私がせどり初心者向けに【真贋調査の対処法と注意点】を解説します。

 

結論、【amazonから求められた書類を揃えて提出すること】に尽きます。

 

これらについて詳しく解説していきます。

 

amazonの真贋調査をせどり初心者向けに解説

amazonの真贋調査をせどり初心者向けに解説

 

せどり初心者に送られる「amazonの真贋調査」とは

販売している商品が本物かどうか調べるための調査です。

 

対象は新規アカウントがほとんど

報告やネットの情報を見る限り、真贋調査は販売開始から1年未満のアカウントを対象に行われているようです。

 

対象ジャンルは幅広い

特定の商品に真贋調査が入るのかといえばそうではありません。

 

調査が入るジャンルは幅広く、以下のようなジャンルに多く入っています。

 

  • 水筒
  • ゲーム機本体
  • 任天堂
  • 美容機器
  • フィギュア
  • などなど

 

「だから扱ってはいけない」というわけではありません。

 

 

もりもとらさんのツイートが本質ですね。

 

真贋調査はランダムピックと言われる方法でどの商品に来るか把握することは不可能です。こうなると「仕入れない努力」をするより、「来ても対応する努力」をした方が圧倒的に有益。

 

「真贋調査は来る前提」で活動した方が良いでしょう。

 

販売歴が長ければ真贋調査は来ないのか

「1年未満の出品者」という点をみると、フィルターがかかっているようにも見えます。

 

しかし、関係ないでしょう。

 

真贋調査は購入者からのクレームでも来る

「これ、偽物じゃないの?」

 

購入したお客様からamazonに対して直接クレームが入れば、真贋調査が入る可能性があります。酷いパターンだと、同業者がライバル潰しのためにこの方法を使う場合もあるようです。

 

しかし、これは諸刃の剣。

 

うまくライバルを潰せたとしても、後から出品した自分にも同じように真贋調査が入る可能性もあります。

 

それを嫌ってこれをやる悪質なセラーは少ないですが、ゼロではないようです。

 

正規代理店からの通報でも来る

悪質なセラーとは違い、正規代理店が直接amazonに通報することで真贋調査が来るパターンもあります。

 

特にヘルビ商品に多く、ほとんどの場合直接クレームが入って即出品停止すれば免れる場合が多いですが、無視して販売継続していると調査が入ったりします。

 

こういう事例を見る限り、「新規アカウント限定」とは考えづらいですね。

 

評価数が多ければ真贋調査は来ないのか

これも関係ありません。

 

先ほど説明した通り、

  • 購入者からのクレーム
  • 正規代理店からのクレーム

 

これらで真贋調査が入りますので評価数は無意味です。

 

ランダムピックは防げるのでは?

これもわかりません。

 

そもそも「評価数が100超えたら・・・」とかは都市伝説です。

 

評価が多い分に越したことはありませんが、防げるという根拠はありません。

 

amazonから真贋調査が来たときの対処法

amazonから真贋調査が来たときの対処法

 

  1. 必要書類を全て揃える
  2. 領収書は真贋調査クリアの生命線
  3. 揃えられなければ素直に謝り、削除

 

必要書類を全て揃える

amazonからの本文は次の通り。

  • -- 仕入れ先から発行された、発行日から 365 日以内の請求書、領収書、契約書、配送注文書、または販売許可書の写し。記載されている商品数が出品者様の在庫と一致している必要があります。
  • -- 出品者様がブランド所有者でない場合、販売許可書と、供給プロセスが有効であることを証明する書類一式 (販売許可書を含む)。
  • -- 出品者様がブランド所有者である場合、ブランド登録証明書のコピーと、事業者免許または個人の身分証明書のコピー。
  • -- 仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、Eメール、ウェブサイトを含む)。 ”

 

真贋調査で必要な書類3つ

  • 請求書
  • 販売許可証
  • 仕入先情報

 

これらが揃わなかった場合のみ、必要に応じて業務改善書の提出が求められる可能性があります。

 

最初の段階では本文を見る限り、上の3つの書類が必要になります。

 

領収書は真贋調査クリアの生命線

解決への1丁目1番地が請求書です。

 

とはいえ、店舗で仕入れた商品に請求書があるはずがありません。

 

そこで請求書がない場合に必要とされるのが領収書というわけです。

 

領収証は”後出し”でもOK

「保管しているのはほぼレシート」

 

ほとんどのせどらーがこういった保管方法だと思います。

せどり経費レシートの保管方法【楽チン編とキッチリ編に分けて解説】

 

これだと後から真贋調査が入った時に領収書がなくてあたふたしそうですが、後からお店に「もらい忘れた」といって再発行してもらえる場合があります。

 

領収証に書いてもらう内容

基本的に「メーカー規制解除に必要な請求書」の内容でOKです。

 

 

【仕入先情報】

  • 仕入先会社名
  • 仕入先会社の住所
  • 仕入先会社の電話番号
  • 仕入先会社の社印

【発注者情報】

  • 社名
  • 担当者名
  • 住所
  • 電話番号
  • E-mailアドレス

漏れがないように気をつけてください。

 

揃えられなければ素直に謝り、削除

どうしても揃えられない場合は、担当するアカウントスペシャリストに謝り、当該商品を返品の上、登録を削除しましょう。

 

業務改善書を求められれば最優先に書く

とにかく、要求されれば即対応がベストです。

 

無視とかありえません。

 

「amazon、最悪!」

 

よくこんな言葉を耳にしますが、そのamazon様で商売させてもらっている以上、ルールに従うのは絶対です。

 

嫌なら販路を変えるしかありません。

 

amazonの真贋調査に対処するときの注意点

amazonの真贋調査に対処するときの注意点

 

必要書類の制作代行には手を出さない

ネットで検索すれば、「〜円で真贋調査をクリアできる書類作ります!」みたいな広告が出てきます。

 

サポートならわかります。

 

ただ、偽造書類作成は違法です。これには絶対手を出してはいけません。

 

書類偽装は犯罪

書類の偽造は【文書偽造の罪】と言って、立派な犯罪です。

 

文書偽装の罪で問われる罰

  • 懲役1年以下
  • 罰金10万円以下

<参考元:wikiペディア 刑法155条3項

 

これ以上言う必要はありませんね。やるのはNGです。

 

最後に:真贋調査はクリアできる

最後に:真贋調査はクリアできる

 

1人で悩んでいると絶望感しかありませんが、少しネットを探すと心強い味方がちゃんといます。

 

ネット上の心強い味方の紹介

まずはこの方に相談

 

とにかくまずはゼニガメさんに相談してみてください。

 

たくさん同じような悩みを抱える相談が殺到してるようですが、1つ1つ丁寧にされているようです。私がフォローした際にも、ご丁寧にDMでわざわざお礼を言ってきてくれました。

 

「真贋調査で悩める人を無料で救いたい!」

 

この一心で活動されていますので、ぜひ悩んでいる方は相談してみると良いでしょう。

 

真贋調査の知識はこのnoteで蓄えられる

 

「さらに詳しく真贋調査のことが知りたい!」と思う方は、ZENさんのnoteを読んでみると良いでしょう。

 

不正がなければ必ずクリアできる

最後に、真贋調査は不正がなければクリアできるでしょう。

 

残念ながら断言することはできませんが、必要書類を揃えなくてもクリアしているセラーはたくさんいます。

 

日頃の行いがモノをいう

こういう事例を見ると、この真贋調査は「首切り」ではなく、「見極め」だったりするんですよね。

 

amazonは良質な出品者を求めています。

 

要求したことに対して、

  • すぐ行動する
  • できなかったら素直に謝る

 

言われたことにきっちり対応するセラーは残したいんだと思います。

 

日頃からお客様からの評価が不評続きだったり、amazonへのクレームが多かったり(例:倉庫でのミスに対し、必要以上にクレーム言ったり・・・)すると、監視の目はきつくなったりするのでしょう。

 

引当金がなくなった例も

以前他のせどらー仲間から、引当金の割合が下がったとか、なくなったという話を聞いたことがあります。

 

理由はわかりません。

 

ただ、「売上と評価が一定数保てたからなくなったのでは?」という話です。これが本当なら、やはりアカウントの健全性は重要です。

良い商品を提供し、お客様からの評価が高ければ真贋調査はクリアできるでしょう。

 

最後に

真贋調査が来たからといって諦める必要はありません。

 

助けてくれる人もいますしね。

 

不安でしょうが無視せず、求められたことに1つづつ対応していきましょう。そうすればクリアする方法が見えてくるはずです。

 

それではまた^^

-せどり

Copyright© ナカピログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.