せどり

せどり以外におすすめする副業3選【経済的に自立ができるもの限定】

 

せどり以外におすすめな副業を3つ紹介します。

副業で始めて、将来は経済的に自立できるような【取り組んで損しない副業】に限定しました。

 

この記事の内容

  • アフィリエイト【ブロガー・ライターになれる】
  • プログラミング【プログラマー・エンジニアになれる】
  • Youtube【有名人・動画編集者になれる】

 

この記事の信頼性

  • せどり歴は4年ほど
  • 週3稼働で月粗利100万円ほど
  • アフィリ始めて3ヶ月で月収5桁

 

せどりで1年間通して月の粗利を100万達成したので、2020年から本格的にブログアフィリエイトに挑戦しています。

実績は次の通りです。

 

 

3ヶ月目で5桁を達成し、4ヶ月目から新しいサイトを現在構築中。

ちなみに最初作ったサイトは、上位キーワードをボチボチ独占しました。

 

サーチコンソール検索パフォーマンス画面

 

せどり以外でもお小遣いを稼いでますので、信頼性はあるかと思います。

 

アフィリエイト【ブロガー・ライターになれる】

アフィリエイト【ブロガー・ライターになれる】

 

アフィリエイトをおすすめする理由は次の通り。

  • 1日2時間、3ヶ月続ければ成果が出やすい
  • 初期費用が安く抑えられる
  • 月収100万も夢ではない

 

1日2時間、3ヶ月続ければ成果が出やすい

最低限、1日1記事を目標に作業していきます。

時間にしておよそ2時間、これを毎日コツコツ繰り返すと3ヶ月後には月収5桁が見えてきます。

 

初期費用が安く抑えられる

アフィリエイトを始めるのは簡単です。

  • ブログを立ち上げる
  • 記事を書く
  • アフィリエイトリンクを貼る

 

1年間にかかる費用は15,000円ほど(サーバー・ドメイン代)。

めちゃくちゃ低リスクで始めることができます。

 

あとは記事を書くだけ。

 

書いた記事にアフィリエイトのリンクを貼れば完了です。

いろいろとテクニックはありますが、概要はこんな感じですね。

 

月収100万以上も夢ではない

始めて半年が過ぎると、すごい人には月収100万超える人も出てきます。

 

ブログはツイッターとの相性がいいですから、元からフォロワーの多い方には成果が出やすい傾向にありますね。

 

継続しないと成果が出にくい

もちろんデメリットもあり、せどりと違って成果が出るのに時間がかかります。

 

ブログに集客するには【記事】が必要ですから、たくさんの記事を書くことが求められます。

 

それも適当に書いてはダメで、【読んでくれる人の悩みを解決する記事】を考えて書かなければ成果は出ません。

 

これもテクニックの部分になるのですが、【ただ日記のように書けばよい】というわけではないので誤解しないことが重要です。

 

ブログには型がある

ただ、難しいことはわかりません。

ブログには型がありますので、それに当てはめて書いていけばいいのです。

 

読んでくれる人のことを考え、読んでくれる人の悩みや疑問に向きあった記事を書いていけば、3ヶ月後には成果を出すブログが出来上がるでしょう。

 

プログラミング【プログラマー・エンジニアになれる】

プログラミング【プログラマー・エンジニアになれる】

  • 将来性が青天井
  • 独学で始められる
  • 半年から1年やれば稼げるようになる

 

将来性が青天井

今後ますますITは進化し、AIの普及によって世界の仕組みはどんどん変わっていくでしょう。

 

そうなると必然的に需要が高まるのはプログラミングの技術です。

 

1度身につけてしまえば需要が大きい市場ですので、転職することも収入を大きく伸ばすことも可能です。

 

世界のまだ半分はインターネットを知らない

2019年の時点で、世界人口の53%にインターネットが普及しているという統計(DIGITAL2019調べ)があります。

 

日本ではすでに人口の93%に普及しているという結果が出ていますが、AIの進化によってインターネットの形も様変わりしていくでしょう。

 

野村総合研究所の発表では、「日本の労働人口49%がAIロボットに取って代わられる」というレポートも発表されています。

 

労働人口がこうしてロボットに代替えされていく一方、それを作る人(プログラマー)は将来的にも需要があることは間違い無いでしょう。

 

そもそも世界の半分しかまだ普及しておらず、今後これが倍の数字に近づいていくことを考えると、IT業界の将来性は「眩しすぎて先が見えない」ほど期待できますね。

 

プログラミングの学び方

プログラミングを学び方には3つの方法があります。

  • 独学で始める
  • プログラミングスクールに通う
  • 転職してIT業界で働きながら勉強する

 

独学で始める

試行錯誤は必要ですが、プログラミングは独学でも勉強することができます。

 

学びたいコンピュータ言語を選び、本を買って学ぶこともできますし、ネット上にはドットインストールのように無料で動画で学べるサイトもあります。

 

基礎から丁寧に学ぶことができますので、独学で勉強したい方はこうした動画での学習はおすすめです。

 

プログラミングスクールに通う

資金に余裕がある方や、いち早く成果を出したいと考えている方にはプログラミングスクールがおすすめです。

 

今では転職保証や、マンツーマンでプログラミングを教えてくれるスクールまでサービスの幅がどんどん広がっています。

 

プログラミングスクールといってもたくさんのスクールがありますので、別の記事で詳しく解説します。

 

転職してIT業界で働きながら勉強する

一番おすすめなのが、このIT業界に転職して仕事をしながらプログラミングスキルを磨くやり方です。

  • 給料もらえる
  • 働きながらプログラミングを学べる
  • 同僚が先生になる

 

以上のようにメリットしかありません。

 

IT業界!?未経験だから雇ってもらえるわけないだろ〜!

 

決してそんなことはありません。

 

私自身、スニーカーの営業経験だけで大阪のWEB制作会社に営業として転職して経験があります。ただでさえ人手不足な業界ですから、【まじめに働いてくれる人】であれば可能性はあります。

 

私が入ったWEB制作会社でも、未経験から入り、コーディングを学んでいる人もいました。本業で手に職をつけられ、1年ほど経験を積めば独立もできるこのやり方はおすすめです。

 

半年から1年やれば稼げるようになる

プログラミングを学び続け、ある程度自分でサイトやシステムがいじれるようになったら、クラウドワークスやIndeed、タウンワークなんかで簡単な案件を受注してみましょう。

 

最初は単価が低いかもしれませんが、簡単なサイト作りなどの案件をやっていくと良いでしょう。1つ1つの積み上げが実績となり、次第に大きな案件へと成長させていくことが可能です。

 

それこそ1件20万円以上の案件が拾えるようになると独立も視野に入ります。1件20万の案件を5件受注すれば月収100万円も夢ではありません。

 

ナカピラ
私も10年前に挑戦し挫折しましたが、今のブログ構築が落ち着けば(年内が目標)、このプログラミング学習を始めていきます。

 

Youtube【有名人・動画編集者になれる】

Youtube【有名人・動画編集者になれる】

  • 動画が資産になる時代
  • 初期投資がスマホ1台で始められる
  • 動画編集スキルが身に付く

 

動画が資産になる時代

Youtubeから広告収入を得るための条件

  1. 過去1年間の総視聴時間が4,000時間を超えること
  2. チャンネル登録者数が1,000人以上

 

この2つの条件を満たすことで、Youtubeで広告収入を得ることができるようになります。

 

ここがまず最初のハードルになるのですが、これを超えると1本の動画が資産となって24時間、お金を稼ぎ続けれくれるわけです。

 

今の時代、どんなことに需要が隠れているのかわかりません。

 

ただ日々の生活の様子を動画で流すだけで収益を得ている人、一生懸命勉強して知識をアウトプットして収入を得ている人、ただただ自分が楽しんでいることだけを発信して稼ぐ人などさまざまです。

 

「好きなことを仕事にできる」という意味でYoutubeはおすすめです。

 

やった人が成果を出しただけで、年齢は関係ない

一所懸命勉強し、テストを受けてから良い大学を出る。

その先には良い就職先があって、安定した将来が約束される時代は終わりました。

 

ITの普及により、その稼ぎ方はさまざまです。

 

 

さまざまな意見はあるかと思いますが、こうして稼ぐ10代がいるのも事実です。

 

「若い子だから・・・」といって諦めないでくださいね。

 

「おっさんだけど・・・」といって小学生が夢中になるようなおもちゃを40代のおっさんがガチっても面白いと思います。

 

今の時代、チャンスはみな平等。

若いから恵まれているわけでもなんでもありません。

 

初期投資がスマホ1台で始められる

必要なツールもスマホだけというなんともローコストでできる副業ですね。

 

可能ならば自撮り棒などを買ってきて撮影しやすい環境を作るとやりやすくなるでしょう。

 

最初から動画編集ソフトや大掛かりな機材、人気ユーチューバーのヒカキンさんやヒカルさんが使っているような環境も必要ありません。

 

やりながら手応えを感じてきたらツールもレベルアップさせていくのが良いでしょう。

 

最初はなんでもローコストでかじってみるのがおすすめです。

 

動画編集スキルが身に付く

たとえYoutubeで広告収入を得ることができなかったとしても、動画編集スキを身につければ【売れるスキル】になります。

 

【動画編集 仕事】というキーワードで検索かけるだけで、いろんな価格帯の仕事が表示されますね。

 

動画編集の求人

 

在宅での仕事も可能ですので、場所を選ばず仕事を受注できるのも大きなメリットです。

 

月給35万円なら、普通に暮らしていく分には問題ない金額でしょう。

 

Youtubeで情報を発信するだけではなく、こうした副産物のスキルを獲得できるのもYoutubeの良いところです。

 

動画編集を学べるスクール

一応動画編集を学ぶためのスクールを紹介しておきます。

まだまだプログラミングスクールに比べて少ないですが、大きいスクールはすでに生徒さんを募集しているようです。

 

以上が「せどり以外におすすめする副業3選」でした。

 

どれもせどりのような物販とは違い、「やってみる→成果がでる」までの時間は数ヶ月から年単位でかかります。

 

逆を返せば、1年やり続ければ【人生が変わる】やり方ばかりです。

  • 会社に通うこともない
  • 嫌な上司と顔をあわせることもない
  • 大切な家族と自由な時間を共有できる

 

私はせどりで独立しましたが、収入も3倍以上になった上に家族と一緒にいる時間が増えたことが最大のメリットでした。

 

しかし、せどりをやっていて「一生続けられる仕事ではないな」というのを実感しています。

 

だからこそアフィリエイトに時間を費やして勉強していますし、その次のステップ(プログラミング)も遅くても2021年にはスタートさせます。

 

収入以前にまだまだ自分の「稼ぐ力」に自信がないからです。

 

どこまでやっても安心というレベルにはならないかもしれませんが、「何かを極めることで自立できる」ことと、「やればいつかは成果が出る」ことがせどりをやって経験することができました。

 

やってみて、諦めなければ成果は良くも悪くも出ます。

よかったらそのまま継続、悪かったら修正すれば良いだけです。

難しいことはありません。

 

これを機に、おすすめした3つのうち1つに挑戦してみてはいかがでしょうか。

-せどり

Copyright© ナカピログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.