せどり

せどりすとで検索エラーが出た時の対処法【ライバルに差をつけます】

 

定価の半額で利益が出そうなのに、アマゾンに登録がないなんて・・涙

この検索エラー、どうにかなんないかな?

 

こんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容

  • せどりすとでエラーが表示された時に考えられること
  • スルーせずに深掘りする方法
  • 販路を変えてリサーチする方法

 

この記事の信頼性

この記事を書いているナカピラはせどり歴4年ほど。副業でせどりを開始し、2年前に専業となり週3稼働で月に平均100万ほど収入を得ています。

 

今回はリサーチ中にせどりすとに表示されるエラーについて解説していきます。

 

せどりでリサーチをしているとき半額以下の商品を見つけたけど、いざせどりすとで読み込んでみるとエラーが表示され、泣く泣くスルーしてしまうことってありますよね。

 

私も初心者時代はせっかく見つけた利益候補の商品をエラー表示を見てあきらめ、たくさんの見込利益を失ってきました。

 

しかし、今回紹介する『深掘り』する方法をおぼえたおかげで、

  • ライバル不在
  • 独占販売可能
  • 大きな利幅をゲット

というメリットを受けれるようになりました。

 

今までせっかく見つけた商品を泣く泣くスルーしていた方は必見です。

 

100%すべての商品が利益商品になるとは限りませんが、それでも今までとは段違いにエラー表示された商品が利益商品に変わるはずです。

 

それではさっそく見ていきましょう。

 

せどりすとで検索エラーが表示されたときに考えられる原因は4つ

せどりすとで検索エラーが表示されたときに考えられる原因は4つ

 

まず最初に、せどりすとでなぜエラーが表示されるのか知っておく必要があります。それが以下の4つになります。

 

  1. せどりすとに『アマゾンAPI』を設定していない
  2. アマゾンにそもそも登録がない
  3. JANコードの登録がない
  4. 登録はあるが、だれも出品していない

 

1個づつ見ていきましょう。

 

アマゾンAPIは意味がわからなくてもOK、ただ設定は必須

 

1.のアマゾンAPIとは、せどりすとで検索したときに表示されるデータが、

  • 設定している場合 → アマゾンと連携して検索結果を表示
  • 設定してない場合 → せどりすと独自の検索結果を表示

といったWebサービスのことを指します。

 

特に覚える必要はありませんが、結論から言って設定しておきましょう。

 

※ API設定方法については、別記事「せどりすと設定方法」で紹介します。

 

アマゾンにカタログデータがなければ当然エラー

 

これは当然ですね。カタログデータがないと表示されないのは当たり前です。

 

あとで紹介する深掘りリサーチをやっても出てこないときは、アマゾンではなくヤフオクやメルカリで販売する方法に切り替えます。

 

その方法もあとでこの記事の中で紹介します。

 

カタログデータにJANコードが意図的に登録されてないケース

 

アマゾンに登録(カタログデータ)がある場合でも、その中に含まれるJANコード(商品に記載されているバーコード)も一緒に登録されていないとエラーが表示されます。

 

実はこれ、意図的に最初にカタログ作ったセラーが登録していないケースがあります。

 

なぜこのようなことをするかというと、ライバルを増やさないためです。つまり、独占販売しようとしてるんですね。

 

そんなことってあるの!?アマゾンの登録って正確に入力しないといけないはずなのに・・・

 

まさにその通り、情報は正確に入力してカタログは作成しなければなりません。

 

しかし、JANコードの欄は空欄のままでもカタログ作成が可能なんです。もともとJANコードのない商品もたくさんありますからね。

 

このシステムを利用してJANコードを入力せずに登録すれば、私たちが同じ商品をJANコードで検索しても表示されずにエラーが出るというわけです。

 

ナカピラ
実はこのパターンがお宝商品だったりしたりします。

JANコードで検索しても表示されませんが、型番検索なら登録を確認できるからです。

 

出品者がいないとエラー表示が出る可能性あり

 

意外と知られていないのが、この出品者がいないとエラー表示が出るパターンです。

 

いずれにせよエラー表示ですので深掘りすれば問題ないのですが、やはりこの時点で諦めてしまう人が大半です。

 

商品を例にして紹介します。

 

コールマンフルフラップ

 

こちらの商品のJANコードは『0076501098426』なのですが、せどりすとで検索してみるとこのようにエラーが表示されます。

 

せどりすとエラー表示

 

出品者がいないということは、それだけ商品自体が古いということですのでそう頻繁にあることではありませんが、知識として知っておいてください。

 

極端に安くなってる商品がエラー表示されたら深掘り必須

極端に安くなってる商品がエラー表示されたら深掘り必須

 

ここからがとても重要です。実際に画像を使って『深掘りする方法』を紹介しますので参考にしてみてください。

 

深掘りしていく手順

  1. 型番でググる
  2. 表示された検索結果でアマゾンのページを探す
  3. アマゾンのカタログページの中頃にある『詳細』をタップする
  4. ASINをコピーする
  5. せどりすとの検索窓にコピーしたASINを貼って検索

 

先ほど紹介したコールマンのフルフラップを参考に深掘りしていきます。

 

1.型番でググる

型番でググる

 

型番が『2000012890』ですので、検索窓に『メーカー(ブランド)名』+『型番』でGoogle検索をかけます。

 

2.表示された検索結果でアマゾンのページを探す

表示された検索結果でアマゾンのページを探す

 

検索結果で表示された一覧の中から、アマゾンのページを探してクリックします。

 

せどりすとではエラーと表示された商品が、ここでカタログが存在することがわかりましたね。

 

3.アマゾンのカタログページの中頃にある『詳細』をタップする

アマゾンのカタログページの中頃にある『詳細』をタップする

 

アマゾンページを下にスクロールしていくと、中頃に画像のような『詳細』欄が出てきます。

 

ここでチェックしてもらいたいのがASINです。

 

ASINとは、アマゾン独自の商品管理コードです。商品それぞれの色・サイズごとに割り振られています。

 

通常はこの詳細欄に隠れていることが多いのですが、たまにASINがそのまま詳細欄にタップせずに表示されていることがあります。

 

ちょっとそこだけ注意してみといてください。

 

4.ASINをコピーする

ASINをコピーする

 

ASINをみつけたら、指でコードを長押ししてください。

 

すると画像のように表示されますので、『コピー』を選択してこのページを閉じます。

 

5.せどりすとの検索窓にコピーしたASINを貼って検索

せどりすとの検索窓にコピーしたASINを貼って検索

 

せどりすとに戻り、検索窓にさきほどコピーしたASINを貼り付け、検索します。

 

すると画像のように、JANコードではエラーが表示された商品でも、こうしてちゃんとアマゾンカタログページが表示されます。

 

ここからは通常の仕入判断になります。

 

ライバルもいませんので、直近で売れた相場よりも多少高くても売れることが多いです。

 

こんな時は強気に勝負できるのでやってみてください。

 

ナカピラ
売れなかったら下げればいいだけの話です。

取れそうなところはしっかり取りにいきましょう。

 

アマゾンがダメならメルカリ・ヤフオクを徹底リサーチ

 

型番検索してもアマゾンカタログページが表示されないケースも当然あります。

 

もちろんここで諦めても良いのですが、もしその商品が『ありえない割引額』で売られていたなら他の販路も探してみましょう。

 

おさえておきたいアマゾン以外の販路

ヤフオク(オークションサイト)

メルカリ(フリマサイト)

 

私は商品のカテゴリーによって、これらのサイトを使い分けています。

 

アマゾンで販売できるのにも関わらず、あえてこれらのサイトで優先的に販売することもあります。

 

その理由をみていきましょう。

 

ヤフオクのメリットは送料負担が落札者

 

ヤフオクでは設定にもよりますが、送料を落札者負担で出品することができます。

 

もちろんメルカリなどでも設定はできるのですが、やはり文化なのでしょう、メルカリは送料込みの方が断然売れる確率は上がります。

 

その点、ヤフオクには逆の送料負担の文化が根付いていますので、出品者型をしては重宝したいメリットです。

 

ナカピラがヤフオクでよく出品する商品

  • 電動工具
  • 開封された展示品
  • 返品されて異常のなかった商品

 

電動工具はモノにもよりますが、チェンソーなどでしたら結構サイズもかさばります。

 

 

ですが、送料を落札者が負担してくれるとその点気にせず出品できるので大変ありがたいです。

 

他にもヤフオクではアマゾンのような『新品の定義(箱を開けたらアマゾンでは新品で販売できない)』もないので、お店に置いてある展示品なんかも箱など付属品が全部揃っていれば未使用品で販売することができます。

 

メルカリではアマゾンで売れないブランドが販売できる

 

ヤフオクではどうしても基本はオークション形式(定額販売もできるが弱い)のため、定額出品したい場合はメルカリで販売するようにしています。

 

ナカピラがメルカリでよく出品する商品

  • アマゾンでは売れないブランド(メーカー)
  • アマゾンカタログページのない商品全般
  • 要らない服

 

アマゾンで売れないブランドの代名詞はこちらですね。

 

先日のツィートを紹介します。

 

 

2年ほど前から出品規制のかかった『Apple』です。

 

このような規制が入って売れない商品も、メルカリでしたら販売することが可能です。

 

ipad smart case

 

とにかくアマゾンで販売できないものの、店頭で半額以下で売っている商品は他の販路でリサーチする価値があります。

 

こういったお宝商品をせっかく見つけても、アマゾンで売れないだけでスルーしてしまうのはもったいないですね。

 

最初は時間がかかるかもしれませんが、コツを掴めばものの数分で仕入れ判断ができるようになります。

 

これは余談ですが、メルカリだけにこだわらず、ヤフオクなんかでも不用品の販売はおすすめです。

 

特にせどり初心者の頃は『ネットで販売する経験値』を積むのがとても重要ですので、家にある不用品の相場を売ってみて理解することはとても意味があることです。

 

仕入れるリスクなしでネット販売の経験が積めますのでぜひやってみてください。

 

※ ヤフオクやメルカリでのリサーチの方法は別の記事で詳しく紹介します。

 

まとめ:ちょっとめんどくさいことを少しだけやってみる

まとめ:ちょっとめんどくさいことを少しだけやってみる

 

まとめると、せどりすとにエラーが出た時の対処法は、

  1. ググって隠れたアマゾンカタログページを探す
  2. なかったらヤフオクとメルカリをみてみる

という2つだけです。

 

タイトルに「ライバルに差をつける」ということを書きましたが、実際やることはそう大したことではありません。

 

紹介してきた通り、簡単なステップでできますし、何より時間もほとんどかかりません。

 

しかし、実際やるのとやらないのでは結果が大きく変わってきます。

 

最初は時間がかかってもいいので、まずはせどりすとでエラーが表示されたら今回紹介したことをやってみてください。

 

いつか必ず、大きな利益となって返ってくることを保証します。

-せどり

Copyright© ナカピログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.