せどり

【完全無料】情報商材トラブルに詳しい弁護士に相談する4つの方法

 

こんにちは、ナカピラです^^

今回は『弁護士に無料相談する方法』を解説していきます。

 

この記事の内容

  1. 情報商材トラブルに詳しい弁護士に無料相談する方法
  2. 弁護士に無料相談した後の流れとかかる費用について
  3. トラブル解決に取り組み消耗した話【解決したが後悔】

 

この記事の信頼性

  • せどり歴5年の店舗せどらー
  • ビジネス誌に載った経験アリ
  • せどりコミュニティを運営中
  • 詐欺トラブルの解決事例アリ

 

この記事はこんな方向け

  • 情報商材を買ったのに中身が薄っぺらで不満を抱えている
  • 情報商材の内容の件で販売者に返金要求したらトラブルに

 

読むことで『弁護士に相談する心理的ハードルが壊れる』かと思います。

 

トラブルに悩んでいる方に読んでもらえると嬉しいです🙇‍♂️

 

情報商材トラブルに詳しい弁護士に無料相談する方法

情報商材トラブルに詳しい弁護士に無料相談する方法

 

結論、無料相談できる場所は4つあります。

  • 法テラス
  • 市区町村窓口
  • 法律相談センター
  • 無料相談を受け付けている弁護士事務所

 

法テラス

国が運営する『法律相談に関する総合案内所』です。

 

無料でアドバイスしてくれる

相談は無料です。

 

しかも驚くことに、経済的に余裕のない方向けに弁護士費用を立て替えてくれるサービスもあります。

 

もちろん利用制限はありますが、完全無料で利用できるのでまず初めに相談してみるといいでしょう。

 

法テラスの連絡先

 

市区町村窓口

アドバイスを求める程度であれば利用する価値アリ

相談は無料ですが、不定期・相談した弁護士に依頼できないというルールがあります。

 

ですから突っ込んだ話をしていきたい方向けではありませんね。

 

問い合わせ先

  • 各市区町村の窓口に問い合わせてください。

 

法律相談センター

無料相談は15分だけという厳しい設定になってます。

 

そのあとは30分5,000円の費用が掛かるというとんでもないサービスです。

 

正直、利用する価値はないと思います。

 

問い合わせ先

 

無料相談を受け付けている弁護士事務所

個人的にはここが一番おすすめかな、と思います。

 

相談・着手・交渉がすべて無料

情報商材やネットでのトラブルに限り、こうした一連の弁護士費用が無料だからです。

 

費用は成果報酬で支払う

費用は取り返したお金の一部から支払われます。

 

ですから手出しが必要ないので”無料”というわけです。

 

問い合わせ先

 

以上が『無料相談できる弁護士窓口』になります。

 

次に相談した後の流れと費用について詳しく解説していきます。

 

弁護士に無料相談した後の流れと掛かる費用について

弁護士に無料相談した後の流れと掛かる費用について

無料相談した後の流れ

  • 相談
  • 契約
  • 交渉

 

1. 相談

無料相談をやってみた結果、弁護士に頼むメリットがありそうだと感じたら契約へと話を進めてみるといいでしょう。

 

もしメリットを感じなかったり、費用の面で折り合わなかった場合はアドバイスだけもらってあなた自身で解決することになります。

 

微力ではありますが、私の経験談をこちらの記事で解説していますのでよかったら参考にしてみてください。
≫せどりの情報商材詐欺から返金を勝ち取る3つの手順【経験談アリ】

 

2. 契約

詳しくは『委任契約を結ぶ』ということになります。

 

これがないと弁護士は代理で返金請求に動くことができません。

 

ここで”着手金”が発生する場合があるので、事前確認しておくのをおすすめします。

 

3. 交渉

ここは弁護士が勝手にやってくれる内容になります。

 

早ければ交渉開始から1週間で解決する場合があるので強力です。

 

委任契約を結んでしまえば基本的にすることはないので、早期解決することを祈って待ちましょう。

 

弁護士費用について

一番気になるのがここですよね。

 

一般的に情報商材トラブルに掛かる費用は『15万円〜』が相場です。

 

成果報酬から支払われる金額は15万円〜

つまり、被害総額が15万円以下だと受けてくれない可能性があります。

 

『弁護士が動く』ということはそれなりに費用がかかるもの、手出しはないにしろこうした背景があることはお忘れなく。
≫情報商材詐欺の返金にかかる弁護士費用について【15万円以上です】

 

中には着手金だけでも20万円以上かかる弁護士がありますのでご注意ください。

 

トラブル解決に取り組み消耗した話【解決したが後悔】

トラブル解決に取り組み消耗した話【解決したが後悔】

 

情報商材では詐欺にあったことはありませんが、商品購入で詐欺にあったことはあります。

  • メルカリでの詐欺事例
  • Qoo10での詐欺事例

 

これらを紹介します。

 

メルカリでの詐欺事例

『代金後払いシステム』を利用した詐欺に引っかかりました。

 

商品購入後、新たに請求がくる

メルカリで商品購入すると、後日商品が届きます。

 

そこれいつもだったら『取引完了』しますよね。

 

すると数日後、商品の発送元から『請求書』が届き、代金の支払いを求められるというものです。

 

メルカリ事務局に通報し、補填

結果的にメルカリが補填する形で取引を終えました。

 

しかし、犯人を捕まえれたわけではありません。

 

これからも他のプラットフォームで同じような詐欺が発生しないとも限りませんね。

 

とにかく、消耗した

解決までひと月ほど費やしたのですが消耗しましたね。

  • 初めてのパターン
  • ググっても情報が出てこない
  • 相手はドロンしていて捕まらず

 

幸いにもメルカリ事務局が対応してくれたので助かったようなものです。

 

他のプラットフォームでは同じような被害にあっても同じ対応をしてくれるかは謎です。
≫メルカリトラブルの詳しい内容はこちら

 

Qoo10での詐欺事例

商品を購入しても全数届かなかったり、不良品(おそらくコピー)だったりしたトラブルです。

 

なぜか分納されてくる

商品を購入したら分納されてきました。

 

しかも後の分は発送通知が来たにもかかわらず商品が届かないという不安だらけの取引でしたね。

 

商品はコピー品

届いた商品を先に販売したのですが、すぐに「使えない」という理由で返品がきました。

 

手元にもどった商品を確認すると、確かに使えないことが判明。

 

それを購入先に伝えたら「そんなはずはない」の一点張り、そこから交渉が難航しました。

 

脅しをかけたら態度が一変する

「いろんな方面に通報する」という手で交渉したところ、相手は態度を一変させ、最終的には返金までたどり着きました。

 

しかしこちらも数ヶ月間、解決まで時間を使って消耗しましたね。
≫Qoo10トラブルの詳しい内容はこちら

 

とにかく、めんどくさいんですよ。

  • 返事がすぐに返ってこない
  • 今後どうなるかもわからない
  • 他のことが手につかなくなる
  • 頭から離れなくて消耗する
  • 夜も寝れなかったりする

 

メリットなんてひとつもありません。

 

こんな経験をしているので、今後数十万円程度の詐欺に引っ掛かったら『弁護士に即相談』と決めています。

 

あなたがもし、同じようなトラブルに巻き込まれていたらぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

 

相談は無料ですし、それだけでも落ち込んだ気分を解消してくれるのは間違いありません。

 

最後にまとめです。

 

弁護士の無料相談ができる場所4つ

  1. 法テラス
  2. 市区町村窓口
  3. 法律相談センター
  4. 無料相談を受け付けている弁護士事務所

 

おすすめは『法テラス』と無料相談してくれる弁護士事務所でしたね。

 

無料相談からの流れと費用はこちら

  • 相談
  • 契約
  • 交渉

 

費用は成果報酬ですが、それでも最低15万円ほどかかるので、『弁護士雇うなら15万円以上の被害を受けた方限定』になります。

 

それ以下でも相談は無料ですので、気晴らし程度に申し込んでみるのもいいと思います。

 

ネットトラブルに強い弁護士事務所はこちら

 

”相談・着手・交渉”を無料でやってくれるのでよかったら問い合わせてみてください。

 

それではまた^^

-せどり

Copyright© せどりのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.