未分類

【ケーコジ必見】MNPで稼いだ時の確定申告のやり方【わりと簡単】

 

こんにちは、ナカピラです^^

 

ケーコジになってMNPで結構稼げたんだけど、これって確定申告しないといけないんだよね?

やったことないんだけど、どうやってやるんだろう?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  • ケーコジがMNPで稼いだときの確定申告のやり方
  • ケーコジの確定申告におすすめな会計ソフト3選
  • ケーコジ以外もやるだろうから税理士契約がおすすめ

 

この記事の信頼性

  • 副業歴7年、自営業歴4年
  • Twitterのフォロワーは1,000人
  • MNP経験は3回ほど(▶︎プロフ

 

こんな私が解説します。

 

結論、ケーコジ やその他の副業と合わせて年間20万円以上儲けた人は確定申告をしなくてはいけません。逆に「そこまで稼いでないよ!」という方は不要。20万円以上稼いだ方のみ読み進めていってください。

 

今回は私が実際に経験したMNPの流れ(その内容はこちらの記事で紹介)に沿って確定申告に必要な仕訳を紹介します。

 

 

ケーコジやってて確定申告のやり方がわからない方は、この仕訳をみてそのまま会計ソフトに入力すれば確定申告は可能。最低限必要なものと一緒に紹介しますので、そちらを準備してから入力していってください。

 

それではみていきましょう。

 

ケーコジがMNPで稼いだときの確定申告のやり方

ケーコジがMNPで稼いだときの確定申告のやり方

 

前提として次のようなシチュエーションで考えていきます。

 

  • ①:スマホショップにケータイを3台買い(契約し)に行った
  • ②:名義は全て自分名義で契約した
  • ③:1台あたりの費用は11,000円だった
  • ④:事務手数料は1台あたり3,300円だった
  • ⑤:月額の通信費用は1台あたり1,078円で6ヶ月間契約した
  • ⑥:携帯の代金は全てクレカで支払った
  • ⑦:買取業者に売ったら1台50,000円で売れた
  • ⑧:買取金額は銀行口座に振り込まれた
  • ⑨:ケータイの本体代と手数料分が口座から振り替えられた
  • ⑩:月々の通信費が口座から引き落とされた

 

ケーコジのMNPを仕訳する

流れにそって仕訳していきましょう。

 

①〜④の仕訳

  • 11,000円のケータイを3台:合計33,000円
  • 事務手数料が3台分:9,900円

 

これを仕訳すると次の通り。

 

  • 仕入    33,000円:未払金 42,900円
  • 支払手数料   9,900円

 

ケータイは商品なので仕入、事務手数料は経費なので支払手数料になります。

 

クレカ払いは未払金ですね。覚えておきましょう。

 

⑤、⑥の仕訳

  • 月額通信費はひと月3台分で3,234円
  • 通信費の支払いもクレジットカード

 

これはカンタンですね。

 

  • 通信費 3,234円:未払金 3,234円

 

これが6ヶ月間、毎月かかってくることになります。

 

⑦、⑧の仕訳

  • 売上は3台分で150,000円
  • 現金で銀行口座に振り込まれた

 

これもカンタンですね。

 

  • 預金 150,000円:売上 150,000円

 

商品が売れて現金が振り込まれたのでこのような仕訳になります。

 

⑨の仕訳

  • ケータイの本体代:33,000円
  • 事務手数料が3台分:9,900円

 

これを最初にクレジットカードで支払いましたよね。

 

その未払金が銀行口座から引き落とされたときの仕訳になります。

 

  • 未払金 42,900円:預金 42,900円

 

「たまっていた未払金が預金で支払ったことでなくなった」というイメージです。

 

⑩の仕訳

これも⑨と同じですね。

 

  • 月額通信費はひと月3台分で3,234円

 

これが未払金で残っていたので、預金から支払い次のようになります。

 

  • 未払金 3,234円:預金 3,234円

 

このようにクレジットカードは『カードを切った日』と『代金を支払った日』の2つ仕訳が必要になります。

 

日付が開くので、金額を忘れないように注意してください。

 

ケーコジの確定申告におすすめな会計ソフト3選

ケーコジの確定申告におすすめな会計ソフト3選

 

続いてこれらのデータを入力する会計ソフトの解説です。

 

  1. マネーフォワード クラウド確定申告:30日間無料でお試し可能
  2. freee:期限なしの無料プランでお試しできる
  3. やよいの白色申告:サポートが手厚く30日間無料で使える

 

マネーフォークラウド

プロの税理士さんも使っている会計ソフトになります。30日間無料で使えるので気になる方は試しに使ってみてください。

 

プランも3つある

  • パーソナルミニ:980円
  • パーソナル:1,980円 ※おすすめ
  • パーソナルプラス:2,980円

 

ビジネスの売上規模によって使い分けが可能。

 

とはいえ、ある程度なんでもできる方がいろんなビジネスにも対応できます。

 

真ん中の『パーソナル:1,980円』がおすすめです。

 

freee

一度入力した仕訳は次から全自動でやってくれる会計ソフトです。

 

頭いいですよね。

 

さきほど仕訳した通り、ケーコジの確定申告は仕訳で使う勘定科目が限られています。これをfreeeに覚えてもらえばカンタンに確定申告書類を作ることができるでしょう。

 

こちらもプランは3つ

  • スターター:980円
  • スタンダード:1,980円 ※おすすめ
  • プレミアムプラン:3,316円

 

こちらも『スタンダード』を選んでおけば間違いないと思います。

 

やよい会計

名前くらいは聞いたことあるのではないでしょうか?会計ソフトの元祖みたいな弥生会計ですね。

 

サポート体制が充実

  • チャット
  • 電話

 

これで使い方や仕訳をサポートしてくれます。

 

マネーフォークラウドやfreeeはソフトの使い方は教えてくれますが、仕訳までは教えてくれません。

 

やよい会計のサポートは税理士を雇っているようなものです。

 

費用のプランは2つ

  • 個人事業主向け:12,000円/年
  • 法人向け:30,000円/年

 

これも月換算にすると個人事業主が1,000円で法人で2,500円です。

 

確定申告初心者で会計のことが何もわからない方はやよい会計、いいんじゃないでしょうか?

 

以上、おすすめの会計ソフトになります。

 

もっと詳しい内容が知りたい方はこちらの記事で解説しているので、よかったら読んでみてください。

 

ケーコジ以外もやるだろうから税理士契約がおすすめ

ケーコジ以外もやるだろうから税理士契約がおすすめ

 

仕訳を覚えて会計ソフトに入力するのもいいですが、一番おすすめしたいのは税理士さんとの契約です。

 

ケーコジ以外のビジネスもやると思う

思うに、ケーコジやってる方って他にも稼ぐ方法を考えてやると思うんですよ。

 

  • せどり
  • ブログ
  • FX
  • 仮想通貨
  • ウェブデザイン

 

などなど。

 

ケーコジだけなら最初に紹介した仕訳で済みますが、ビジネスが広がっていくととてもじゃないけど自分1人ではできません。

 

だから税理士を最初に雇っておくと便利

  • 会計や税金のことを丸投げできる
  • 空いた時間で稼ぐ方に力が注げる
  • むしろそっちの方が効率的である

 

確かに費用がかかりますけど、会計も完璧にやってくれて税金対策もしっかりやってくれるのでメリットの方が大きいです。

 

事実、稼いでいる個人や会社は会計のことを自分でやってる方いませんよね?みんな税理士さんと契約し、ビジネスを大きくするため頑張っています。

 

「これからもっと稼ぎたい!」

 

こう考えているのであれば、税理士契約しときましょう。

 

税理士の探し方

カンタンです。無料でお願いできる税理士紹介サイトに登録して紹介してもらうだけ。

 

この3つですね。

 

紹介してもらう手順

  • 手順①:3つのサイトに登録する
  • 手順②:紹介してもらった順に面談する
  • 手順③:3人以上と面談する
  • 手順④:条件に合った人がいたら契約
  • 手順⑤:条件に合わなかったらもっと紹介してもらう

 

これの繰り返しです。

 

3人以上と面談すれば条件に合った方と出会えるので、ぜひ登録してみてください。

 

私も紹介してもらって今の税理士さんと知り合うことができました。こちらの記事で紹介していますので、よかったらこちらも読んでみてください。

 

それではまた^^

 

おすすめ会計ソフト

  1. マネーフォワード クラウド確定申告:30日間無料
  2. freee:期限なしの無料プランでお試し
  3. やよいの白色申告:30日間無料

 

おすすめ税理士紹介サイト【完全無料】

-未分類

Copyright© せどりのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.