せどり

【せどり初心者向け】楽天カードを種類別に解説【おすすめあり】

 

せどり初心者の方向けに、クレジットカード人気ナンバーワンの楽天カードを種類別に解説します。

「どのグレードの楽天カードを作れば良い?」と悩んでいる方には参考になると思います。

 

この記事の内容

  • 楽天カードの種類は全部で9種類【おすすめは2つです】
  • 楽天カードのメリットとデメリット
  • だから楽天ゴールドカードを選びました

 

この記事の信頼性

  • せどり歴は4年ほど
  • 週3日稼働で月粗利は100万ほど
  • 雑誌に載った経験あり

 

楽天カードの種類は全部で9種類【おすすめは2つです】

楽天カードの種類は全部で9種類【おすすめは2つです】

 

楽天カード全9種類

  1. 楽天カード
  2. 楽天PINKカード
  3. 楽天ゴールドカード【1番のおすすめ】
  4. 楽天プレミアムカード【おすすめ】
  5. 楽天銀行カード
  6. 楽天ANAマイレージクラブカード
  7. 楽天カードアカデミー
  8. アルペングループ楽天カード
  9. 楽天カードみちのく銀行デザイン

 

1.楽天カード

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
特徴
  • 楽天カードの中で人気ナンバーワン
  • カード作成で5,000pがもらえる

年会費を払いたくない人向け。

年会費は無料ですが、ポイント還元率が1〜3%ですのでおすすめしてません。

 

理由はあとで紹介します。

 

2.楽天PINKカード

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
特徴
  • 楽天グループ優待サービスが受けれる
  • 飲食店や映画館の割引クーポンがもらえる
  • 女性用の保険に入れる

女性向けに作られたカードですが、せどりには関係ないのでスルーでOK。

 

3.楽天ゴールドカード【1番のおすすめ】

年会費 2,200円(税込)
ポイント還元率
  • 5%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
特徴
  • 国内空港ラウンジが年2回まで無料で利用できる
  • ETCカードの年会費が無料

年会費は2,200円かかりますが、ポイント還元率2%アップを考えるとこちらの【楽天ゴールドカード】に軍配が上がります。

 

楽天ゴールドカードで月に1万円使えば年会費2,200円はペイできる

  • 楽天カード(還元率3%)=3,300pゲット
  • 楽天ゴールドカード(還元率5%)=5,500pゲット

 

せどりしていて月に1万円使うとか楽勝すぎますよね。11万円使った後は2%の差が大きく効果を発揮してきます。

 

楽天ゴールドカードのメリット・デメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫楽天ゴールドカードのメリット・デメリット【せどり初心者向け】

 

4.楽天プレミアムカード【おすすめ】

年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率
  • 5%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
特徴
  • ビジネスカードが作れる(+2,200円)
  • 国内空港ラウンジが無料
  • 海外の空港ラウンジもプライオリティパス発行で無料

年会費は11,000円に上がりますが、楽天ゴールドカードとポイント還元率は変わりません。

 

ただ、こちらのプレミアカードを持っていると追加で2,200円の年会費を払うことで、楽天ビジネスカードを追加で作ることができます。

 

クレジットカードはおもに一般用として発行されており、厳密に言うとせどりの仕入れ(商用利用)してはいけません。

詳しくはこちらの【せどりでクレジットカードが停止になる3つの原因】にて解説しています。

クレカ利用停止事例
せどりでクレジットカードが利用停止になる3つの原因【予防が大事】

続きを見る

 

規約違反になるとクレジットカード全てが利用停止になるだけではなく、ブラックリストに上げられ社会の信用を失ってしまいます。

 

しかし、そんなリスクから守ってくれるのがこの楽天ビジネスカードです。

 

このクレジットカードで仕入れをする分には商用利用で規約違反なんてことにはなりません。

 

他にビジネスカードをお持ちでないならば、楽天プレミアカードを作ってさらにビジネスカードを作るのもおすすめです。

 

楽天プレミアムカードについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

≫楽天カードプレミアムは月商100万超えてから【せどり初心者向け】

≫楽天プレミアムカード公式サイトはこちら 

 

5.楽天銀行カード

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
特徴
  • 普通預金金利が倍の0.04%に
  • キャッシュカードなのでお金もおろせる

普通預金金利が2倍!と聞くと「お?」となりますが、実際は0.04%で税引きになると0.031%しかありませんからメリットありませんよね。

 

預けておくくらいなら運用した方がよっぽど高い利回りで増えていくでしょう。

 

このカードもスルーでOK。

 

6.楽天ANAマイレージクラブカード

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
  • 0.5%:200円で1マイル貯まる
特徴
  • ANAマイレージクラブ機能付き
  • カード作ると最大9000pゲット(条件あり)

ANA使って旅行する人向けのクレジットカードですね。

 

これまたせどりには関係ないのでスルーでOK。

 

ちなみにマイル貯めたいならこっちのカードがおすすめです。

»マイルの還元率ナンバーワン(1.5%)のMileagePlusカードはこちら

 

7.楽天カードアカデミー

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
  • 10%:指定のコンビニでのお買い物
特徴
  • 楽天ブックスで本を買うと3〜4%ポイントゲット
  • 18〜28歳の学生限定

学生向けに作られたカードですが、メリットはコンビニ利用で10%還元くらいでしょうか。

コンビニで漫画や雑誌を仕入れて売る分には10%オフは魅力かもしれませんね。

 

ちなみに指定のコンビニはセブンイレブンとローソンです。

 

こちらもスルーでOKです。

 

8.アルペングループ楽天カード

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
  • 5%:アルペンでのお買い物(条件あり)
特徴
  • アルペンで買い物すると楽天ポイントとアルペンポイントをWゲット
  • 最大で合計6.5%ポイント還元される

アルペンで15万円以上買い物してこのカードで支払うと、合計で6.5%分のポイントが還元されます。

 

ただ、アルペンポイントはアルペングループ(アルペン・スポーツデポ・GOLF5)でしか使うことができず、なかなか使いづらいですよね。

 

合計で6.5%のポイント還元は一瞬「お?」となりますが、幅広い店舗で仕入れるせどりには不向きですね。

 

9.楽天カードみちのく銀行デザイン

年会費 無料
ポイント還元率
  • 3%:楽天市場内での買い物
  • 1%:その他の店舗での買い物
特徴
  • ブランドはMasterCardのみ
  • 申し込むと5500pもらえる
  • オリジナル保冷エコバッグがもらえる

ブランドもMasterCardに限定される上に、目立ったメリットがないのでこちらもスルーです。

 

東北限定でもいいのでなにか特徴を持たせれば良いのですが、保冷バッグ以外はそういった点は見当たりませんね。

 

楽天カードのメリットとデメリット

楽天カードのメリットとデメリット

 

楽天カードのメリット

楽天カードの「ありえない」メリット

  • 楽天グループサービス利用でポイント最大16倍に
  • イベントと組み合わせると44倍に
  • 獲得したポイントだけで生活できる【楽天経済圏】

 

楽天グループサービス利用でポイント最大16倍に

以下のサービスを利用することで、基本の還元率を最大で16倍にまで上げることができます。

»引用:楽天スーパーポーントアッププログラムより

 

※ 具体的な倍率の上げ方については別の記事で詳しく解説します。

 

イベントと組み合わせると44倍に

楽天グループサービス利用で基本の倍率を上げた後、楽天のイベントに参加することでさらにポイントを最大44倍まで上げることができます。

»引用:楽天スーパーポーントアッププログラムより

 

44倍ともなると、ほぼ半額の数字となり、せどりで仕入れる対象は格段に増えていきます。

 

たとえせどりで販売して利益が出なかったとしても、ポイントはザクザク入ってきますのでそれだけでも相当なメリットです。

 

しかもポイントには非課税ですので、会社の利益としてもポイントを使って仕入れをしなければ申告する義務もありません。

 

楽天カードが選ばれる理由はこの「ありえない」ポイント還元があるからなんです。

 

獲得したポイントだけで生活できる【楽天経済圏】

楽天グループのサービス内容をみてみると、生活に密着したものが多いことがわかります。

 

ポイントの倍率を上げるため、これら全てに加入(全部ではなくほとんどでも可)することで生活圏を作ってしまうことが可能です。

 

獲得したポイントで食料などを買うこともできますし、楽天ポイントはこうした電気代やスマホ代にも使うことができます。

 

もっというと、ふるさと納税もできてしまうので、完全にポイントの域を超えてしまっています。

 

楽天ポイント、凄まじいですね。

 

楽天カードのデメリット

  • 広告メールが多い
  • カスタマーサポートの対応が悪い
  • ETCカードが有料
  • 獲得したポイントが期間限定

 

広告メールが多い

楽天カードを作ったり買い物したりして、メルマガ停止のチェックを入れ忘れると頻繁に広告メールがやってくるようになります。

 

ただ、これはフリーメールアドレスを作っておけば回避できますよね。

 

大事な内容は専用のアプリがありますのでそちらで確認する習慣をつければ問題ありません。

 

カスタマーサポートの対応が悪い

オペレーターになかなか繋がらないという点ですが、これは楽天に限ったことではありません。

 

クレジットカード会社の全てが同じ問題を抱えていると言って良いでしょう。

 

確かに繋がりにくいのは難点ですが、実際に繰上げ返済で手続きをした際には対応が悪い印象はありませんでした。

 

ETCカードが有料

楽天カードでETCカードを作ると年会費550円かかります。

 

しかし、これは有料の【楽天ゴールドカード】か【楽天プレミアカード】を作れば無料になります。

 

これらのカードを作り、せどりしてひと月に1万円仕入れればペイできますので、これも問題ないと言えるでしょう。

 

獲得したポイントが期間限定

楽天ポイントには【通常ポイント】と【期間限定ポイント】という2つのポイント制度があります。

 

このうち【期間限定ポイント】は、有効期限が短いものもある上に、有効期限が【月末】以外にも【15日まで】といったものもあるので注意が必要です。

 

楽天ポイントアプリで期間限定ポイントの有効期限が確認できますので、アプリのチェックを忘れないよう習慣づけていきたいですね。

 

特に必要なものがなかった場合は、ふるさと納税を頼むと税金も安くなっておすすめです。

 

ふるさと納税の商品はモノによって半年以上あとになって届く商品がありますので、今すぐ必要ではなくても事前に注文することができます。

 

せっかくゲットしたポイントは注意して有効に使っていきたいですね。

 

楽天カードを使うときの注意点

  • グレードアップは番号が変わるので要注意
  • 締日が楽天市場で買うときとそれ以外の店舗で違う

 

グレードアップは番号が変わるので要注意

楽天カードを持っていて、楽天ゴールドカードや楽天プレミアカードにグレードアップすることでクレジットカード番号が変わります。

 

つまり、楽天カードでこれまで支払いのための引き落としを設定していた人は、クレジットカードが変わることによって引き落としができなくなってしまうのです。

 

私にも経験があります。

 

Amazonに登録するクレジットカードを楽天カードで使用していたのですが、番号が変わると知らずに楽天ゴールドカードに変更した時の話です。

 

Amazonでは利用できないクレジットカードは登録することができません。もしこのまま放置しておくと、Amazonからの売上金が振り込まれずにストップしてしまい、クレジットカードを登録し直してさらに2週間待たないと振り込まれなくなってしまいます。

 

これで支払いに焦ってひどい目にあったことがあります。

 

すでに楽天カードを持たれている方は、グレードアップするときに充分注意してください。

 

締日が楽天市場で買うときとそれ以外の店舗で違う

楽天カードは楽天市場で買い物するときと、それ以外の店舗で買い物するときとで【締日】が違います。

  • 楽天市場で買い物するとき:締日は毎月25日
  • それ以外のお店で買い物するとき:締日は月末

 

「25日過ぎたから楽天カードでしはらっちゃえ〜」と言って他の店舗で支払いを済ませてしまうと、1ヶ月も経たずに翌月の27日(引き落とし日)に現金を支払わなければなりません。

 

支払いまでの期限はなるべく長く持つ(お金が用意できれば繰上げ返済する)方が販売期間に余裕が持てますのでおすすめです。

 

意外と知られていない締日の違い、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

だから楽天ゴールドカードを選びました

だから楽天ゴールドカードを選びました

 

楽天ゴールドカードを選んだ理由

  • どこで使ってもポイント1%還元
  • ポイント絵ふるさと納税できる
  • お中元・お歳暮などの贈答品買うのに楽天を使う
  • くら寿司・ミスドで楽天ポイントが使える

私は楽天ポイントせどりはやってはいませんが、どこの店舗で使っても1%のポイント還元もありますし、楽天でふるさと納税やお中元・お歳暮や内祝いなんかの贈答品を頼むので楽天ゴールドカードを使ってます。

 

贈答品はAmazonで買ってもいいのですが、熨斗や包装がかなり雑なので利用するのをやめました。

 

楽天は発送まで時間がかかりますが、そこら辺はお店がしっかりやってくれます。

 

食品などの取り扱いも楽天の方が多いので、楽天カードの還元率3%よりも手数料払って5%に上げた方が特なのでこうしました。

 

せどりをするにあたり、電脳せどりするのなら間違いなくこのカードは必須だと思います。店舗せどりでさえ、どこで使っても還元率1%のカードはそうそうないので、万能型のクレジットカードとして持っておいて損はないでしょう。

 

まとめ

楽天カードはおすすめが2種類、年会費を払いたくない方はノーマルを選ぶと良いのではないでしょうか。

  • 楽天ゴールドカード【1番のおすすめ】
  • 楽天プレミアカード【おすすめ】
  • 楽天カード【年会費払いたくない人におすすめ】

-せどり

Copyright© ナカピログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.