せどり

楽天カードプレミアムは月商100万超えてから【せどり初心者向け】

 

こんにちは、ナカピラです^^

 

せどり用に楽天カードを作るとき、いきなり【楽天プレミアムカード】作った方がいいのか悩んでいる方の疑問を解決していきます。

 

この記事の内容

  • 楽天プレミアムカードはいきなり作らない方がよい理由
  • せどり初心者におすすめは楽天カード
  • 楽天プレミアムカードを作るときの判断基準

 

この記事の信頼性

  • せどり歴は4年ほど
  • 週3稼働で月粗利100万ほど
  • 雑誌に載った経験あり

 

結論、楽天カードはいきなり【プレミアムカード】作る必要はありません。

 

楽天市場で買い物するとポイント5倍は魅力ですが、せどり初心者はなるべく【経費控えめ】がベスト。

 

年会費無料の楽天カードか、こちらの記事で紹介している年会費無料のクレジットカードを最初は選ぶのがおすすめです。

≫【せどり初心者向け】楽天カードを種類別に解説【おすすめあり】

 

楽天プレミアムカードは月商100万超えたあたりから検討すると良いでしょう。

 

楽天カードの年会費(ゴールド:2,200円・プレミアム:11,000円)はクレジットカード登録完了後すぐに引き落とされます。

 

最初はできるだけ仕入れる資金に回した方が良いですし、稼げるようになるかわからない時点で経費かけるのはギャンブルですからね。

 

この記事ではこのように【プレミアムカードはいきなり作らない方がよい理由】と【どういうステップで作ると良いのか】を解説します。

 

楽天プレミアムカードはいきなり作らない方がよい理由

楽天プレミアムカードはいきなり作らない方がよい理由

  • 理由①:年会費が高い
  • 理由②:せどり初心者の実力に見合わない
  • 理由③:特典がせどりにあまり関係ない

 

理由①:年会費が高い

  • 楽天プレミアムカードの年会費:11,000円(税込)

 

月に換算すると917円。

 

ポイントでペイするには、楽天市場で月に18,340円以上買うか、他の店舗で月に91,300円分仕入れなければいけません。

 

せどり経験者には問題ない金額かもしれませんが、初心者の方にとっていきなりこのハードルはちょっと高いですよね。

 

楽天プレミアにも年会費がかかる

  • 楽天プレミアの年会費:3,900円(税込)

 

あまり知られていませんが、楽天プレミアムカードには【楽天プレミア】という特典があります。

 

楽天プレミアとは、楽天市場内で買い物すると以下の特典が追加されるサービスです。

  • 送料有料の2,000円以上の指定商品:送料分がポイント還元(500円が上限)
  • 送料無料の2,000円以上の指定商品:獲得ポイントが2倍(500円が上限)
  • 楽天グループ内でプレミア特典が受け取れる(ブックス・トラベルなど)
  • プレミア会員限定で特別クーポンがもらえる(楽天市場内)

 

楽天プレミアムカードを申し込んで1年間は自動でついてくるサービスですが、1年すぎると継続手続きして年会費を払わないことには利用できなくなってしまいます。

 

500円分のポイント還元が月に10回まで利用できるということで、フルに使えば毎月余分に5,000円分のポイントを獲得することができます。

年換算すると6万円。

 

かなりお得なサービスですが、やはりこれにも年会費がかかるのと、ある程度の実力がないと満額のサービスを獲得できないので、最初から取り組むのは難しいですよね。

 

理由②:せどり初心者の実力に見合わない

なんでもそうですが、身分相応がベストです。

 

せどり初心者のうちからプレミアムカード持って仕入れするのは全然実力に見合ってませんよね。

 

楽天プレミアムカードにはポイント還元率5倍以外にも、国内・海外の空港ラウンジ無料で利用できる特典なんかも付いています。

 

このカードを持っているだけでちょっとVIPになった気分を味わえますが、私なんか作って3年くらいになりますが1度も利用したことがありません。

 

気分だけに11,000円払うのは「もったいない」の極みですね。

 

せめて実力がついて、年会費分は余裕でペイできるくらいにまで成長してから持ちたいですね。

 

理由③:特典がせどりにあまり関係ない

楽天プレミアムカードの特典

  1. 楽天市場内の買い物でポイント5倍
  2. 国内外の空港ランジが無料で使える
  3. トラベルサポートがつく(一部有料)
  4. 旅行保険が勝手についてくる
  5. 利用可能額が最高300万円
  6. 楽天プレミアが1年無料で使える(2年目は有料)
  7. 楽天ビジネスカードが作れる(年会費:2,200円)
  8. 楽天ETCカードの年会費が無料(通常:550円)

 

せどりに直接関係があるのは【1.5.6.7】で、その他は旅行に関係するものばかりです。

 

全国飛び回ってせどりコンサルやるなら話はわかりますが、せどり初心者にはあまり必要のないサービスですよね。

 

なぜクレジットカードの付帯サービスって、旅行関係多いんでしょうか?

お金持ちはよく旅行するんですかね。

 

関係ない話ですが、私は30歳の時に1年間ずっと海外をど貧乏旅行しましたが、結論は家が最高です。

 

せどり初心者におすすめは楽天カード

せどり初心者におすすめは楽天カード

  • 年会費がかからない
  • 切り替えはいつでもできる【注意点あり】
  • 切り替えの目安は月商100万円

 

年会費がかからない

なんどもお伝えするように、せどり初心者は経費かけずに利益出すことが大事です。

 

楽天カードは還元率がプレミアムカードと比べると2%落ちますが、どこのお店で使っても1%還元されるのは嬉しいサービスです。

 

どこで使っても1%還元のクレジットカードはあまりない

  • イオンカード:0.5%
  • アメックス:0.45%
  • ヤマダLABIカード:0.1%

 

1%還元してくれるカードは楽天カード以外にYJカードがありますね。

 

他の代表的なクレジットカードは年会費がかかったり、ご覧のようにポイント還元率が悪かったりと楽天カードに比べてると劣る点が多々あります。

 

年会費がかからずに一定レベル以上のサービスが受けられる楽天カードはやはりおすすめです。

 

切り替えはいつでもできる【注意点あり】

楽天カードから楽天プレミアムカード(または楽天ゴールドカード)への切り替えはネット上で簡単に手続きすることができます。

 

楽天カードから楽天プレミアムカードに切り替えることで、7,000pもらえるのも嬉しいメリットです。

 

しかし、切り替えでクレジットカード番号が変わるので注意しなければいけないポイントがあります。

 

切り替えするときの注意点【かなり重要】

  • Amazonに登録している場合は入金が止まる
  • 持っている家族カードは使えなくなる
  • 光熱費などの引き落としもできなくなる
  • Edy残高は引き継がれないので使い切ること
  • Edyオートチャージは解除すること

 

楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替えは、完全に別なカードを【新規で作る】ということです。

 

クレジットカード番号も変わりますので、今まで使っていたEdyなどの残高や引き落とし設定は全て引き継げないので注意が必要です。

 

使えなくなった後に残っていたEdy残高は払い戻しもしてもらえませんので充分注意してください。

 

逆に引き継げるサービスもあります。

 

切り替えで自動継続されるサービス

  • これまで貯めた楽天ポイント
  • ETCカードの引き継ぎ
  • 利用残高
  • 引き落とし指定口座

 

貯めたポイントは残るのでここはEdy残高と勘違いしないようにしておきたいですね。

 

切り替えの目安は月商100万円

楽天カードからプレミアムカードなどの有料クレジットカードへの切り替えは、月商100万円あたりを超えてから検討すると良いでしょう。

 

月商100万円といえば、

  • 月におおよそ30万〜50万くらい仕入れる
  • 月の粗利で20万くらいを超えてくる

このくらいのラインを超えてくるからです。

 

これなら最初に説明した楽天プレミアムカードの年会費も余裕でクリアできますよね。

 

作ればポイント還元率が3%→5%に上がりますのでさらに【稼ぎ】が良くなっていきます。

 

それに月商100万を超える実力があれば、経験・知識・読みが備わっていますので、還元率のアップで仕入れの幅もグッ!と拡げることができるでしょう。

 

仕入れの幅が広がるとそれだけ使うお金も増えますし、それに比例して獲得するポイントも上がりますので良いことづくしです。

 

楽天プレミアムカードを作るときの判断基準

楽天プレミアムカードを作るときの判断基準

  • 月商100万超えていて楽天ポイントせどりをしている
  • ビジネスカードを持っていない
  • ゴールドとプレミアムとの違いを理解している

 

月商100万超えていて楽天ポイントせどりをしている

さきほどの【切り替えの目安は月商100万円】でも説明しましたね。

 

さらに楽天ポイントせどりをしているのであれば、楽天プレミアムカードを選ぶと良いでしょう。

 

単に還元率を3倍から5倍に上げるだけなら【楽天ゴールドカード】でもできちゃいます。

 

しかし、楽天ポイントせどりをしているのであれば、楽天プレミアムカードを作ることにより、楽天ゴールドカードよりも多くのポイントを獲得できるからです。

  • 楽天プレミアムカードポイント獲得上限:15,000p/月
  • 楽天ゴールドカードポイント獲得上限:5,000p/月

 

ひと月で10,000pも差が出てきますので、楽天ポイントせどりをやっているのであれば、楽天プレミアカードを作っておいた方が良いでしょう。

 

※ 楽天ポイントのSPU(スーパーポイントアッププログラム)はめちゃくちゃ複雑なので別の記事で詳しく説明します。

 

ビジネスカードを持っていない

クレジットカードは商用利用が認められていません。

 

厳密にいうと、楽天カードをせどりの仕入れで使うのは規約違反です。

 

規約違反になると、楽天カードが利用できなくなるだけでなく、ブラックリスト入りで他のクレジットカードも利用できなくなります。

≫せどりでクレジットカードが利用停止になる3つの原因【予防が大事】

 

上の記事でも予防策として紹介していますが、商用利用できる【ビジネスカード】を持つとこうしたトラブルを防げますのでおすすめです。

 

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを持っている人しか作れません。

 

年会費がさらに2,200円(税込)かかりますが、持っていないのであれば作っておくと良いでしょう。

 

ポイント還元率も楽天プレミアムカードと同じです。

 

ゴールドとプレミアムとの違いを理解している

私のように楽天ポイントせどりをせずに、普段の店舗せどりで利用するのであれば年会費の安い【楽天ゴールドカード】でも問題ありません。

≫【関連記事】楽天ゴールドカードのメリット・デメリット

 

楽天プレミアムカードを作るのであれば、楽天ゴールドカードとの違いをしっかりと理解しておく必要があります。

 

「プレミアム」と「ゴールド」の違い

楽天プレミアムカード 楽天ゴールドカード
年会費
  • 11,000円/年
  • 2,200円/年
ポイント還元率
  • 楽天市場:5%
  • 他の店舗:1%
  • 楽天市場:5%
  • 他の店舗:1%
ポイント還元の上限
  • 15,000p/月
  • 5,000p/月
利用限度額
  • 最大300万円
  • 最大200万円
ビジネスカードの有無
  • ○(2,200円/年)
  • ×
楽天プレミアの利用資格
  • ○(3,900円/年)
  • ×

 

これらの点を検討し、それでも【楽天プレミアムカード】の方がメリットがあると考えたら申し込むと良いでしょう。

 

以上をまとめると次の通り。

 

よかったら参考にしてみてください。

 

-せどり

Copyright© ナカピログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.