せどり

せどりの将来性はあるが発展することが条件【注意点と合わせて解説】

 

こんにちは、ナカピラです^^

せどりの将来性についてお答えしていきます。

 

結論、将来性はあります。

理由はネット販売のスキルが身につき、『法人化▶︎物販』へと発展できるからです。

 

この記事の内容

  1. せどりの将来性はある【ただし、発展が条件】
  2. 将来性のないせどりスタイルがあるので要注意
  3. 【実例】せどりからブログにカジを切った理由

 

この記事の信頼性

  • 販売歴5年amazonせどらー
  • ビジネス誌に載った経験アリ
  • せどりコミュニティを運営中

 

将来性はあるとは思っていますが、私はブログに乗り換えました。

 

その理由もお話しするので、これからどの副業をやろうかと悩んでいる方には参考になると思います。

 

せどりの将来性はある【ただし、発展が条件】

せどりの将来性はある【ただし、発展が条件】

 

理由は3つあります。

  • 理由①:法人化して物販へと発展できるから
  • 理由②:ネット物販はますます発展するから
  • 理由③:せどり▶︎情報発信へ発展できるから

 

理由①:法人化して物販へと発展できるから

せどりをすると次のスキルが身につきます。

  • ネット販売のノウハウ
  • 商品ごとの相場感

 

この2つのスキルを身につけ、固定の仕入先を見つければ『せどり▶︎物販』へと発展させることができます。

 

キーポイントは仕入先

ここが開拓できれば商品仕入れにいかなくても向こうから商品を紹介してくれます。

 

自分で仕入れに行かなくていいので、この時点でせどりは卒業というわけですね。

 

仕入先の例

  • メーカー
  • 卸売会社
  • コストコ

 

この3つが代表的ですね。

 

コストコは小売店舗ですが、良い関係性を作ることで卸会社として利用できるようです。

 

せどりから物販へと発展させる手順

  • 手順①:仕入先の開拓
  • 手順②:安定的な売上を作る
  • 手順③:法人化して人を雇う

 

これを徐々に大きくすることで会社として成長させていくことができます。

 

「せどりは転売ヤーって言われて気が引ける」と思っていた方も、ここまでくれば非難されることは一切ありません。

 

せどりはこうして立派な物販会社へと発展させることができるので、将来性はあると断言できます。

 

実例を紹介します

「そんな簡単にうまくいくわけないよな」と思っている方向けに、実例を紹介しておきます。

 

こちらは実の弟です。

  • せどり歴4年
  • 人を雇って法人化
  • ジャンルに特化し年商1億超え
  • 地域の特産物に注目し販売開始

 

『仕入れしては売る』という典型的なせどりスタイルでしたが、ジャンル特化・人の雇用で一変。

 

あっという間に売上を伸ばし、法人化してなおかつ従業員増でさらなる発展を遂げています。

 

やったことはシンプルです

  • 人を雇った
  • ジャンルに特化した
  • 売上伸びて法人化した

 

この3つです。

 

あとはやるか、やらないか、ここだけですね。

 

理由②:ネット物販はますます発展するから

国内電子商取引市場規模データ

<参考元:経済産業省 国内電子商取引市場規模データ

 

こちらの資料を見ていただければわかりますね。

 

ネット販売(電子商取引)は右肩上がりで成長し続けています。

 

今からせどりを始めても全然遅くはないでしょう。

 

むしろ下がりだしてからの参入はリスクが高いので、今のうちから始めておくのがおすすめです。

 

理由③:せどり▶︎情報発信へ発展できるから

  • せどりである程度の実績を積む
  • せどりの実績を武器に発信する
  • 同じ境遇の人を救う活動をする

 

このようにせどりを軸に情報発信することでコンサル業で稼ぐことができます。

 

実際、SNSを見ると発信している人が多いですよね。

 

あんなに発信している人がいるから私がいまさら発信しても…

 

そう思われるかもしれませんが、それはちょっと勘違いです。

 

人は実績だけでは選ばれない

例えば、あなたがよく行くレストランを想像してみてください。

 

そこにいく理由はなんですか?

  • とてもおいしいから
  • 値段がお手頃だから
  • お店の雰囲気が好き
  • 店員さんがやさしい
  • 家の近所にあるから

 

こんな理由があると思います。

 

では、そのレストランを超えるお店は他にありませんか?

 

あるけど、高いし...遠いし...

 

こんな理由があって行っていないですよね。

 

せどりの情報発信もこれと同じで、あなたが発信した内容に共感してくれる人だけが集まってきます。

  • せどりをするかどうか迷ってる
  • 会社の給料が低くて悩んでいる
  • 家族構成がまったく一緒だった
  • 立場が一緒で発言に共感できる

 

めちゃくちゃ実績出している人でも、「なんか嫌だな」と感じる人は多いはず。

 

だからいろんな発信者がいていいし、あなたも発信することで将来的に稼げるようになります。

 

これは立派な将来性と言えますよね。

 

「それもそうだよね」と思われたら、ぜひやってみてください。

 

将来性のないせどりスタイルがあるので要注意

将来性のないせどりスタイルがあるので要注意

 

ハンタースタイルのせどりは将来性低いです。

 

将来性のないスタイル:専業・ハンターせどり

ハンターせどりというのは、お店に行って利益商品を探して回るスタイルを指します。

 

昔でいう”狩り”に似ているのでこう呼びました。

 

専業ということは、一生せどりをやって生活していかなければなりません。

  • 人生80年超え

 

あなたは何歳までせどりをやっていける自信がありますか?

 

そう考えた時、お店を回って商品仕入れるハンタースタイルのせどりは体力的に限界ありますよね。

 

せどりを始めて稼いで専業、そっからは自由な暮らしを満喫しつつ、せどりで生活してやるぜ!

 

ここまでしか考えていない方は”その先”をしっかり考えた方がいいですよ。

 

副業・ハンターせどりなら全然問題なし

ハンターせどりが悪いと言っているわけではありません。

 

副業でやる分には全然OKです。

 

理由は本業で生活できるレベルを維持していれば、副業収入が全て貯蓄・投資に回せる余裕があるからです。

  • 本業の収入:生活費をまかなう
  • 副業の収入:貯金や投資に回して増やす

 

これならたまたまひと月せどりの調子が悪くても問題ないですよね。

  • ひとりで楽しみながら稼ぐせどりなら、副業レベルで

 

これ大事です。

 

【実例】せどりからブログにカジを切った理由

【実例】せどりからブログにカジを切った理由

 

ここからは私の話を紹介したいと思います。

 

専業・ハンターせどりのスタイルに不安を感じてブログへ

偉そうなこと言ってますけど、私こそもっとも将来性のないスタイルを専業でやっている張本人です。

 

せどりをこのままやっていく?▶︎NO

39歳の時に自問自答し、「このまま同じことを続けていくのはツライな」と考え、ブログに本格的に取り組みました。

 

せどりは楽しいし、稼げるんで嫌いになったわけではありません。

 

ただ、この先50歳、60歳、70歳になっても同じことをやるのか?と考えた時、「それはないな」と思ったからです。

 

せどりから物販へ発展させる?▶︎未定

人を雇ってせどりから物販業へ発展させるのは考えました。

 

物販と次に紹介するブログを天秤にかけた時に【物販<ブログ】になったのでとりあえず未定に。

 

魅力的ではあるんですけどね。

 

これまで靴の卸売商社、水産会社で流通に関わった仕事していたので楽しさも知っています。

 

しかし、好奇心が勝っちゃったんですよ。

 

だからブログへとカジを切りました。

 

ブログを選んだ理由

  • サイトから収益が発生する
  • しっかり作れば最後売れる
  • ブログを軸に発展できる
  • 子供に文章の書き方を教えられる
  • サーバー費だけでずっと残る

 

サイトから収益が発生する

ブログアフィリエイトという方法で稼ぐことができます。

  • 商品を紹介する
  • 読者の方が買ってくれる

 

これで収益が発生します。

 

2021年5月時点で月5万円ほどの収入に。

 

ブログはストック型といって書けば書くほど収益が上がっていく仕組みですので、ここに最大の魅力を感じて始めることにしました。

 

しっかり作れば最後売れる

ブログならパソコン1つで完結するのでせどりのように在庫を抱える心配もありません。

 

やめるときは「サイト売却」もできるので資産価値もあります。

  • 売却金額=直近半年の平均月間利益×18~24ヶ月

 

ここに私のブログを当てはめると90〜120万円で売れる計算です。

 

今はまだ価値は低いですが、時間を投資するだけの価値はありそうです。

 

ブログを軸に発展できる

スキルが身につくんですよね。

  • ライティングスキル
  • ウェブマーケティングスキル

 

これらを武器にコンサル募集もできますし、ウェブライターとして仕事を請け負うことも可能です。

 

さらにいうとオリジナル商材を作り、販売することも可能。

 

今はブログで募集した”せどりコミュニティ”を運営しており、月額費用を参加者の方からいただいています。

 

これもブログあってこその収益ですので、立派な収入源といえます。

 

子供に文章の書き方を教えられる

楽しみにしているのがこれです。

 

”書く技術”というのは腐りませんし、この先ずっと需要があります。

 

そのスキルは子供たちにも伝えることが可能で、密かに楽しみにしているんですよ。

  • 娘の読書感想文
  • 手紙(見せてくれないかも)
  • 論文(たよってくれれば)

 

「お父さんのおかげで賞がもらえたよ!」

 

こんな日が来るのを楽しみにしています^^

 

サーバー費だけで一生残る

価値あるデジタル資産になります。

 

これも夢があると思いませんか?

  • 子供だけでなく、孫からその下の世代へとメッセージが残せる

 

プラスアルファで私がこの世を去った後にも収入をもたらせれば最高ですよね。

 

だから私はブログにカジを切ったわけです。

 

最後にまとめると次の通り。

 

せどりの将来性はある【ただし、発展が条件】

  • 理由①:法人化して物販へと発展できるから
  • 理由②:ネット物販はますます発展するから
  • 理由③:せどり▶︎情報発信へ発展できるから

 

せどりは成果も出やすいので興味があるんだったら早めに始めるのがおすすめ。

 

こちらの記事でせどりの始め方を解説しているので興味のある方はどうぞ。
≫【メルカリ版】せどりのやり方を初心者向けに徹底解説【5分で完了】
≫【amazon版】せどりのやり方を初心者向けに3つの手順で解説

 

将来性のないせどりスタイルがあるので要注意

  • 将来性のないスタイル:専業・ハンターせどり
  • 副業・ハンターせどりなら全然問題なし

 

せどりは専業までの将来性はありますが、それだけだと危険ですね。

 

私のようにブログやるのもいいですし、はやりのプログラミングやってもいいでしょう。

 

ラクに稼げそうだからやってみるか!

 

これは不順ですのでやめといた方がいいです。挫折してやめちゃう可能性が高いですからね。

 

一番はあなたがやって楽しいことに挑戦してください。

 

それではまた^^

-せどり

Copyright© せどりのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.