せどり

せどりの税理士費用について【年間30万円ほどで全ておまかせ】

 

せどりの税理士費用ってどのくらいかかるんだろう?

費用の内訳とか知りたいな。

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  1. せどりの税理士費用について
  2. せどりの税理士費用のおもな内訳3つ
  3. 税理士費用30万円は高くない理由

 

この記事の信頼性

  • 自営歴2年・確定申告4回経験
  • 税理士とは2名と契約経験あり
  • 嫁は元税理士事務所社員

 

確定申告をするにあたり、税理士さんと顧問契約を結ぼうかと考えているあなたに向けてわかりやすく解説します。

 

※ 税理士費用ではなく、せどりの税理士相場を知りたい方はこちらの記事で詳しく解説しています。
≫せどりの税理士相場について【年間10〜50万円ですが無視でOK】

 

せどりの税理士費用について

せどりの税理士費用について解説

 

税理士費用は年間30万円ほど

売上規模や業種などにより費用が変わりますが、1年間で30万円〜50万円くらいになります。

 

30万円〜50万円!?高すぎるよっ!

 

確かにこの費用を見ただけではそう感じますよね。

 

しかしこの費用は払う価値があるほど、税理士さんとの顧問契約はメリットが大きいんです。その理由は後で紹介する【税理士費用30万円は高くない理由】で詳しく解説します。

 

せどりの税理士費用のおもな内訳3つ

せどりの税理士費用のおもな内訳3つ

  1. 月額顧問料
  2. 確定申告代行手数料
  3. 税務署対応

 

1.月額顧問料

月額顧問料とは、毎月の売上と仕入れを管理してもらうための費用になります。

 

売上と仕入れ、さらに棚卸金額を報告することにより、財務内容が健全かどうかを判断してくれます。

 

費用は1万円〜5万円ほど

  • 売上の規模
  • 業種
  • 面談の回数(毎月か、数ヶ月おきか)
  • 記帳や入力を自分でするかどうか

 

これらによって金額が変わってきます。ちなみに私は全部丸投げで2万円です。

 

定期面談は価値あり

財務状況の報告だけならどの税理士さんもやってもらえるでしょう。

 

それ以外にせどりやネット物販に詳しい税理士さんと契約すれば、他のお客さん(物販プレイヤー)の情報を教えてくれたりします。もちろん可能な範囲のみですが、価値はあります。

 

理由は知らない稼ぎ方のヒントを教えてもらえるからです。

 

Amazon転売=中国輸入が主流

国内転売をやっていると伝えた時、税理士さんから返ってきたのは「Amazon転売=中国輸入と思っていた」という返事でした。

 

理由は顧問契約している他のお客さんはほぼほぼ全員、中国輸入で稼いでいるからだそうです。

  • 利益率が高い
  • 楽天でもかなり売る
  • ひとりでやっている

 

「どれを売っている」とはさすがに言いませんが、そういった他の方の愛の情報を得られるのは大きなメリットです。

 

毎月ではなく、3ヶ月、4ヶ月おきでもOK

棚卸し、毎月やるのめんどくさいよ・・・

 

そう思う方は税理士さんと話し合って期間を拡げることも可能です。

 

ただ、そうなると”緻密な財務状況”は把握できませんのでご注意を。

 

2.確定申告代行手数料

その名の通り、確定申告を代わりにやってもらえます。

 

費用は10万円〜30万円ほど

月額顧問料と同じように、売上規模や業種によって金額に幅があります。

 

任せればほぼ全自動

こちらがやることは売上と仕入れの報告、あとは経費の説明くらいです。

 

これさえ資料を渡してしまえば、あとは勝手に完璧な申告書類を作って提出してくれます。

 

3.税務署対応

追加料金になりますが、税務署が調査に入った時の対応をやってもらえます。

 

こちらは何も言うことなし

税務署員の方から帳簿などをチェックされ、用途について聞かれるわけですが、基本あなたは何も答えなくてOKです。

 

全部税理士さんが答えてくれますので心配要りません。

 

税務署はいつか必ず来る

顧問契約を結んでいる税理士さんは元・税務署員の方です。

 

その方が言うには、「税務調査に入るところは、ローテーションで決まっている」そうです。

 

「売上大した事ないから、来ないだろう」

 

そう思っていると、突然やってきたりするのが”マルサ”です。

 

税務署はタダでは帰らない

税務署は調査に入る以上、タダでは返りません。

 

何かしらの追加徴収を取ろうとしますので、質問に答えられなかったら即アウトです。

 

恐ろしいですよね。汗

 

ですから日頃から税理士さんと契約しておく事で、対応してもらえるわけです。

 

税理士費用30万円は高くない理由

税理士費用30万円は高くない理由

 

納税額を税理士費用以上に下げてくれる

納税する金額を30万円、またはそれ以上減らすことができるからです。

 

税理士さんが節税のテクニックを教えてくれる

確定申告の必要書類は、自分で必要と思ったものを税理士さんに提出します。

 

その後、税理士さんから納税額の目安金額が提示されます。

 

ここからが腕の見せどころ

経費として他にも計上できるものをアドバイスしてくれます。

 

家の家賃だったり、水道光熱費だったり、様々です。

 

え?これも経費になるの?

 

さすがは税のプロ、素人の私たちが知っているはずもない情報を知っています。

 

その結果、納税額を最初の予定金額よりも下げることが可能なのです。

 

1ヶ月以上掛かる作業時間がゼロになる

年が明け、慌てて確定申告のための書類を作ろうとすると、およそ1ヶ月ほどの時間が掛かります。

 

2度、挫折を味わう

過去2回、自分で確定申告の手続きをやって挫折しました。

 

日々の仕入れと売上を科目ごと入力、それが1年分です。正直、もう絶対にやりたくありません。

 

顧問契約を結んでストレスフリー

今は月々の売上報告と、レシートを仕入れと経費に分けるだけの生活を送っています。

 

あとは年が明けて確定申告書類を作ってもらい、チェックして提出。

 

過去に1ヶ月かかった作業時間が0に。めちゃくちゃ楽させてもらってます。

 

納税額が下がらなくても1ヶ月で稼げる

1ヶ月という時間が空くわけですから、そこで仕入れして売上あげれば税理士費用は回収できます。

  • 好きなことをやって費用分稼ぐか
  • 嫌なことやって費用をケチるか

 

結局はこの二択というわけです。

 

いかがでしょう、どちらが魅力的に感じるでしょうか?

 

思うに、

  • 会計面での手間がなくなる
  • 確定申告は完璧なものを作ってもらえる
  • 節税方法を教えてもらえる
  • いざというとき強い味方になってくれる
  • しかし30万円以上、費用がかかる
  • ただ、空いた時間で稼げばよいだけ
  • それでストレスからも解放される

 

というわけですが、30万円支払っても納税額減らしたり、30万円稼ぐ時間ができるわけですから、”税理士費用は無料”と言っていいでしょう。

 

「確かに!」

 

そう思われた方は、こちらの『せどりに詳しい税理士の探し方』という記事をご覧ください。

 

せどりに詳しい税理士さんを完全無料で探す方法を解説しています。きっと良い税理士さんが見つかると思いますよ。

 

まだどうするか悩まれている方は、こちらの記事で確定申告を税理士さんに任せるべき理由を解説しています。もしよかったら、参考にしてみてください。

≫せどりの確定申告は税理士に丸投げすべき3つの理由【経験者は語る】

 

それではまた^^

-せどり

Copyright© ナカピログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.