せどり

プライスターはせどり初心者に必要か【結論:その人のパターンによる】

 

こんにちは、ナカピラです^^

 

プライスターは「せどり初心者でも最初から使った方が良い」っていうけど、本当に必要なの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  1. プライスターが必要なパターン
  2. プライスターが不必要なパターン
  3. まとめ:プライスターの必要性をよく考える

 

この記事の内容

  • せどり歴7年の自営業者
  • Twitterフォロワーは1,000人ほど
  • プライスター利用歴:3年

 

結論、せどり初心者で他に何もツールを持っていないのであれば必要です。

 

理由は次の通り。

 

  • プライスターは仕入判断ツールとして使えるから
  • プライスターは仕入・納品・販売までできるから
  • プライスターは価格改定ツールとして優秀だから

 

逆に不必要なパターンはこちら。

 

  • 月の売上が50万円以下である
  • すでに他の価格改定ツールを使っている

 

こんな方はプライスター、必要ないですね。詳しく見ていきましょう。

 

プライスターに登録してくれた方向けに総額3万円分の4大特典を用意しました。詳しい内容が知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

 

プライスターが必要なパターン

プライスターが必要なパターン

 

こんな方は導入を考えてみてもいいかもです。

  • 他のツールを使ってない
  • 月商50万円・粗利20%超

 

せどり初心者にプライスターが必要な理由

  • 理由①:プライスターは仕入判断ツールとして使えるから
  • 理由②:プライスターは仕入・納品・販売までできるから
  • 理由③:プライスターは価格改定ツールとして優秀だから

 

理由①:プライスターは仕入判断ツールとして使えるから

 

プライスターには『プライスターリサーチ』という独自の仕入判断機能がついており、仕入れリサーチが可能です。

 

ただし、この記事に書いた通りそれだけだと使い勝手は微妙。
≫プライスターリサーチについてのレビュー【結論:使えない】

 

ちゃんと使えるようにするには、

  • プライスター × keepa

 

これが必要ですね。

 

せどりは必ず仕入れリサーチから入ります。

これができないと仕入れができませんので、何も他にツールを持っていない方には必要になってきます。

 

理由②:プライスターは仕入・納品・販売までできるから

 

プライスターは仕入判断ツールとしての機能以外にも、

  • 出品登録
  • 納品プラン作成
  • 販売(価格改定) ※これが本職

 

という機能がついています。

 

つまり、プライスターがあればせどりの全てがワンストップで完了できます。

 

ですから”せどりのツールを何も使っていない初心者の方”にはおすすめというわけです。

 

理由③:プライスターは価格改定ツールとして優秀だから

 

プライスターの本来の機能は『価格改定』です。

 

5分おき、24時間体制で全ての商品の価格を自動で変更してくれます。
※時給換算すると7円

 

ユーザー数は業界ナンバーワンの10,000人越え。

 

評判も上々で私も愛用者のひとりでおすすめしています。
≫プライスターの評判について【良い点3つ・悪い点5つを詳しく解説】

 

以上が『せどり初心者にプライスターが必要な理由』3つの紹介でした。

 

次に”不必要なパターン”をみていきましょう。

 

プライスターが不必要なパターン

プライスターが不必要なパターン

 

こんな方は急いで取り入れる必要はないと思います。

  • 月の売上が50万円以下である
  • すでに他の有料ツールを使っている

 

月の売上が50万円以下である

理由は『手動でできるから』です。

 

50万円以下なら取り扱っている商品数も100前後ではないでしょうか?

 

おそらくそこまでいっていない方がほとんどでしょうから、お金払ってまで価格変更する必要はないでしょう。

 

50万円以下だと経費赤に

プライスターの月額は5,280円。

 

月商50万円以下だと粗利20%と考えても10万円以下の純利益になっちゃいますよね。

 

これだと正直、きついかなと思います。

 

せめて月商50万円オーバー、欲を言うなら100万円は超えておきたいところです。

 

すでに他の有料ツールを使っている

せどり初心者で有料の他の仕入判断ツールや価格改定ツールを使っていれば必要ありません。

 

理由は『使ってるもので充分だから』です。

 

何も持っていない状態でしたら仕入判断ツールが必ず必要になるので『検討の余地あり』でしたが、

  • すでに有料ツールに慣れている
  • 月商もまだまだ大きくない

 

こんな状態でしたらプライスターをわざわざ契約する必要はありません。

 

このまま続けてみて、「価格改定が手に負えなくなってきたなぁ」と思ったら再検討してみましょう。

 

無料の仕入判断ツールの紹介

 

この2つが無料でなおかつ機能性も優秀です。

 

せどりすとも無料版あるんですけど、エラーが多くてストレスしか残りません。
※ 有料版のせどりすとプレミアムは超優秀なんですけど

 

ですから「最初はなるべくお金かけずにスタートしたい」という方はこの2つを使ってみると良いでしょう。

 

以上が『プライスターが不必要なパターン』の解説になります。

 

まとめ:プライスターの必要性をよく考える

まとめ:プライスターの必要性をよく考える

 

最後は自分でプライスターの必要性をよく考えましょうね。

 

せどり初心者向けのプライスターの必要性

なるべく経費を使わずにせどりを小さく始めたい

こんな方は無料の仕入判断ツールのみを使って始めるのが良いでしょう。

 

私もこの考えでした。

 

ですからせどり始めて3年間はプライスター使わなかったです。

 

ただ、使ってみるとめちゃくちゃ便利だったので軽く後悔しました。

 

それに関する詳しい内容はこちらの記事にまとめています。
≫プライスターいらない!と思ってた私がどハマりしたワケ【軽く後悔】

 

 

こういう意見もありますが、マイペースで良いと思います。

 

稼げるかどうかわからないけど、意気込みと本気度は充分!

こんな方は最初からプライスター導入するのもありですね。

 

『経費を払っている』という事実は背水の陣じゃないですけど、自分への後押しにもなります。

 

1ヶ月無料期間があるので、その間試してみて、ダメだったら解約でも良いと思います。
≫プライスターは月額5,280円【4月1日より無料期間はひと月に】

 

せどり中級者向けのプライスターの必要性

月商50万円以上あって売り上げを伸ばしていきたい

こんな方は導入を本格的に検討してみると良いですね。

 

プライスターは快適にせどりをサポートしてくれるだけではなく、あなたの時間を守ってくれます。

 

  • 価格改定にかかる時間:20分/1日 = 10時間/月

 

『10時間を5,280円で買える』わけですから、それだけでも価値ありだと思います。

 

他の価格改定ツールから乗り換えるべき?

特別な不満があれば乗り換えたらいいと思いますが、そうでなければ必要ないかと。

 

結論、価格改定ツール機能自体にそこまで差があるわけではないと思います。

 

今使っている価格改定ツールである程度満足していれば乗り換える必要はないでしょう。

 

以上になります。

 

この記事を読んでプライスターに申し込んでみようかなと思う方はこちらからどうぞ。特典もありますので、そちらもきっちり受け取ってくださいね。
≫プライスターの登録方法を2つの手順で解説【1ヶ月無料で利用可能】
≫総額3万円分の4大特典の詳しい内容はこちら

 

もっとプライスターのことをよく知りたいという方は、こちらの記事で詳しく解説しています。
≫【無料お試しあり】プライスターを使ってできること【厳選5つ紹介】

 

口コミや評判が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
≫【せどり】プライスターの口コミ・レビュー【結論:満足してます】
≫プライスターの評判について【良い点3つ・悪い点5つを詳しく解説】

 

それではまた^^

-せどり

Copyright© せどりのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.